RSS | ATOM | SEARCH
長谷川豊糾弾原稿

5月24日(金)

 

朝、8時半起床。 明け方のトイレは避けられないが、二度寝はスムーズ。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で10時半前に神保町駅に着くも、暑い! 日本維新の会の関係者から、長谷川豊の今夏の参議院選比例代表公認を「停止」したとの連絡を受ける。 実質公認取り消しだが、「停止」表現の内情を聞く。 

 

週刊誌に投稿する、長谷川豊糾弾の原稿の縮小作業。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、初めて食す“冷やし焼あごラーメン”で昼食。 塩味が珍しい。 朝日新聞が社説で、「日本維新の会 政党の見識が問われる」と題し、長谷川豊の部落差別や丸山穂高の暴言などを厳しく批判している。 

 

引き続き削減作業に集中し、4時に終えて、担当者に送信。 一息ついて、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、なんと気温28度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

BS日テレ〜地上波日テレで、巨人vs広島戦。 最後まで放送しろと、怒! 生シラスと5割引きのヒラメの板を切って、白ワイン、初めて飲む八朔サワーがなかなかイケる。 シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 ホタルイカのスパゲッティ―で、夕食を締める。

 

あまりの暑さにクーラーを付ける。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。  BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。  ダービー関連番組を見ながら、ダービーの検討。 勝つのは、皐月賞上位3頭との確信を持つ。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 11:24
-, -, - -