RSS | ATOM | SEARCH
JOC会長の贈賄疑惑

1月11日(金)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 気温7度、雲一つない冬晴れの下、20分歩いて駅。 汗をかく。 

 

特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。 持ってきたシャツに着替え、風邪予防。 『客室乗務員』本の、メールでのやり取りに忙しく立ち回る。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、焼き豚入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 散歩がてら薬局に行き、陽を浴びながら神保町を散策。 送られてきていた、各種機関紙誌に目を通す。 

 

昨年の8月16日〜18日にかけて、ジュネーブで開かれた、国連・人種差別撤廃委員会の日本審査、“懸念と勧告”を再読。 ここで現在の日本の人権状況が詳しく分析され、課題が提起されている。 世界は日本の人権状況をどう見ているのかが分かる。 世界経済フォーラムによれば、日本のジェンダー指数は144か国中110番目。 このことの実態が“懸念と勧告”に表れている。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 定期券の更新(三か月、5万円弱)をして、パルコフードマーケットで買い物。 バスに乗って6時半に帰宅。 久しぶりに筋トレをして、風呂に入り極楽! 

 

刺身三点盛りとヒラメの板刺+昨日の肉じゃがで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の、夕食。 NHKで、「チコちゃんにしかられる」。 面白い教養バラエティー番組。

 

ニュースウォッチ9。 JOC・日本オリンピック委員会の竹田会長がフランスで告発されるとの報道。 容疑は2020年東京オリンピック招致に絡む贈賄。 日産・ゴーン逮捕に対する意趣返しとも考えられるが、事実ならオリンピックは中止だろう。 もともと福島の原発汚染を、「アンダーコントロール」と大嘘をついた安倍晋三発言を振り返るまでもなく、自主返上すべき。

 

TBSで、Aスタジオ。 鶴瓶とゲストのさんまの丁々発止に大笑いし、「まんぷく」、夜の部後半を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 10:02
-, -, - -