RSS | ATOM | SEARCH
タイの洞窟から少年ら13人全員救出!

7月11日(水)

 

朝、9時半起床。 サッカーワールドカップは結局見なかったが、寝不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、猛暑の中バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

広島、岡山の大雨水害の最新情報を見る。 岡山の一級河川・旭川にも堤防決壊警報が出たことを知る。 想像を絶する事態。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 サッカー・ワールドカップ、フランス対ベルギー戦が全く載っていない。 

 

小学館の地下にある、都営新宿線の定期券売り場に行き、3ヵ月更新。 結構高い。 行き返り500Mほどだが、サウナ風呂のような暑さに閉口する。 

 

事務所に戻りハッと気づいたが、アレルギー症状がここ10日間以上全く出ていない。 アレルギーとの30年戦争に、完全勝利したことを確信する。 くしゃみも鼻水も咳も、なくはないが普段通りで全く気付かなかった。

 

資料を読んで、早め6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、7時半に帰宅。 ヒラメの刺身とピザで梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。 

 

BS・朝日で巨人vsヤクルト戦。 余裕の勝利で、オールスター前、四連勝。 NHK、ニュースウォッチ9。 岡山・倉敷・真備町の大雨災害報道。 

 

クローズアップ現代。 タイの洞窟に閉じ込められていたサッカー少年ら13人無事救出の舞台裏。 数年前のチリの鉱山労働者が地下数百メートルに閉じ込められた時もそうだが、なぜ国も民族も違うのに、救出を心から願い、心配し、共感するのか。 ここに人間の類としての普遍性がある。 「朝鮮人殺せ」「部落民は人間ではない」と叫ぶ、ネトウヨのヘイトスピーチの愚かさと、非人間性がダイレクトに理解できる。 人間は社会的諸関係の総体であり、社会的動物。  「他者は手段であり、かつ目的である」(カント)。

 

民放各社の、ニュースを見て、BSプレミアムで、「半分、青い。」夜の部。 展開が早いのでまた置いて行かれそう。

 

フジ、プライムニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:14
-, -, - -