RSS | ATOM | SEARCH
「モデル全員が白人」、朝日新聞の投書から

5月16日(火)

 

朝、9時起床。 6時にトイレに起き、アイマスクをして寝したところ、なんと3時間熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 体調、極めて良好! 

 

シャワーを浴び、準正装して、気温23度の曇天下、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、11時に神保町。 ブラックコーヒーを淹れて、原稿、第二次校正・校閲開始。 

 

元吉本興業のプロジューサーの、現在の活動と、吉本在職中に学んだ笑いの技術。 爛灰潺絅縫院璽轡腑鵑凌誠颪呂笑いにあり”を生かして、全国で活躍している著者。 吉本時代のエピソードは、校正してても面白い。

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、大盛りウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞三紙を読む。  朝日新聞の読者欄に、燹屮皀妊襪全員白人」でいいの?”という投書が載っている。 ベビー用品を扱う大手企業が作成した、生まれたばかりの赤ちゃんに贈り物をするカタログのモデルが、なぜか全員白人だった。 それを見た投書者の、米国生活の長い夫が、「特定の人種に偏った起用は、現地(米国など)では人種差別とされ、製品の不買運動にもつながりかねない」といったという。 投書者本人は、夫に言われるまで全く違和感を持たず、「国際感覚のずれを痛感した次第」と反省している。 どこの大手企業か知らないが、海外展開するとのことなので、その時点で国際的な非難が起こるだろう。

 

午睡もなしに、引き続き原稿と格闘。 6時まで、根を詰めて朱入れと行削減作業に没頭。 第三章まで終えて、本日打ち止め。

 

6時半に、京橋で某テレビ局の方々数名と、差別と表現問題を中心に、意見交換を兼ねた懇親会。 十数年ぶりの北京ダックに、紹興酒も進む。

 

元気と「若さ」あふれる、女性局員二人と、久しぶりの数寄屋橋、“四馬路”。 楽しかった記憶はある。 もしかして、新宿ゴールデン街に寄ったかも。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 13:16
-, -, - -
「反差別の人間が…狙われた」、高橋直輝・男組組長インタビュー

5月13日(土)

 

朝、9時起床。 夜中寝苦しく、今一つ寝不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 「ひょっこ」、一週間分の内、本日分。

 

先週、水汲みをさぼったせいで、飲み水が枯渇。 意を決して雨中、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 有機醤油とパンなどを買うも、目当ての酵母パンはすでに売り切れ。  誰もいない川縁で雨に打たれ帰宅。 

 

肉まんとヨモギパンを淹れたてコーヒーで、昼食。 午睡1時間。 東京新聞を買いに、コンビニ。 26面の、“こちら特捜部”に「反差別の人間が反基地…狙われた」と題した、「ヘリパット抗議で半年勾留」され、先月末に釈放された、反差別カウンター集団・男組の、添田充啓=高橋直輝組長のインタビュー記事が、顔写真入りで大きく載っている。

 

沖縄に対する構造的差別の象徴である米軍基地の存在と、「本土」の反差別運動が連携することを恐れた国家権力に、恣意的に狙い撃ち逮捕されたことを、これからの公判の中で明らかにし、無罪を勝ち取る裁判闘争を闘う決意表明。

 

6時半に、隣の精肉店で仕入れた揚げたての、ローストンカツとメンチカツ+コロッケに千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

明日の、中央競馬G機Ε凜クトリアマイルの検討。 調教抜群の、7枠14番・レッツゴードンキと1番人気の、6枠11番・ミッキークィーンの二頭軸三連複で勝負する予定だが、今日の雨で重馬場確定なので、その点も踏まえ、当日のレース状況を見て最終判断を下す。

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 「森友学園」疑惑問題と国会軽視の安倍政権批判。

 

早め11時過ぎに就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:08
-, -, - -
人種差別撤廃基本法を求める院内集会

5月10日(水)

 

朝、10時起床。 菅野で巨人が負けたショックで、疲れが取れない。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、小雨降る中、バスで駅。 直行快速電車で、12時に神保町。  「

 

ひょっこ」、昼の部を見ながら、野菜炒めサラダとおにぎり一個で、昼食。 午睡し、新聞三紙(サンケイスポーツ、朝日新聞、そして先週から新たに、スポーツ報知)を読んで、3時から参議院議員会館講堂で開かれる、「ヘイトスピーチ解消法成立1年〜求められる人種差別撤廃基本法〜」に行く。

 

小川敏夫、人種差別撤廃基本法を求める議員連盟会長のあいさつに続いて、4月12日に行われた、ヘイトスピーチ解消法施行1年の8省庁ヒアリングの報告を、有田芳生議員が、細かな分析を含め行う。 

 

北村聡子さん(弁護士・人種差別実態調査研究会)、から、「ヘイトスピーチ解消法の成立によって、ヘイトスピーチは解消したか?」、鈴木江理子さん(国士館大学教授)から、「法務省外国籍住民アンケート調査結果から見えるもの」、アンジェロ・イシさん(武蔵野大学教授)、から、「在日外国人から見た日本における人種差別の現状と課題」、石橋学さん(神奈川新聞デジタル編集委員)から、「ヘイトスピーチ解消法の地方における実行化の現段階」の報告を受ける。 

 

それぞれ充実した内容だった。 ヘイトスピーチの犯罪性を、メディアが最初に取り上げるきっかけを作ったのは、今から4年前の、2013年3月14日の有田議員が中心となって開いた院内集会だった。 

 

帰り際に、C.R.A.Cの野間さんに呼び止められ、7月22日(土)に代々木公園で行われる、TOKYO NO HATE FESTIVAL 2017”のパンフレットをもらう。 無茶苦茶面白そうな催しで、孫娘を連れて参加しようと思う。

 

有田議員に挨拶して、地下鉄半蔵門線に乗って、5時過ぎに事務所に戻る。 原稿を少しだけ読んで、6時半に事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットに寄って、バスに乗り8時に帰宅。

 

5割引きのブリ刺、ホタルイカ、野菜炒め、そして筍煮で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。  NHKEテレ、ハートネットTVで、「差別に向き合った町で新マガジンが紡ぐ物語」。 京都の崇仁地区での、いまの取り組み。 運動の歴史が古い地区だが、よく取り上げたと思う。                           

 

日テレの、「今夜くらべてみました」。 テレ朝、報道ステーション〜各局のニュース&スポーツ。 TBSニュース23が、「森友学園」疑獄を追及。  12時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:18
-, -, - -
旭日旗

5月6日(土)

 

昼、12時起床。 爆睡! 今日は、やっと休日気分。 湧き水汲みも、布団干しもぜず、ひねもすのたりかな的、昼下がり。

 

新鮮トマトと酵母食パンを、淹れたてコーヒーで、昼食。 中央競馬を見るも、イマイチ気が乗らない。

 

夕方から、昨日煮込んだ、長男が掘ってきた筍〈無茶苦茶旨い〉をつまみに、柚子入り焼酎の水割りで、夕日が沈む黄昏の武蔵野丘陵。

 

旭日旗を巡って、サーカー界が揉めている。 ”日の丸”と同じだが、戦前海軍(今の海上自衛隊も同じ)の軍旗で、中国、韓国など侵略された側からすれば、“日の丸”よりも強く憤りを催すシンボル。 

 

差別問題の原則は、理屈ではなく、まず第一に抗議者の気分と感情に寄り添って、対応すること。 朝日新聞は、まずもって旭日旗である社旗を掲げている理由を明らかにすべき。 そうでないと、説得力に欠ける。

 

筍煮をつまみに、梅干し入り焼酎のお湯割りで、夕食。 そのまま寝入る。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 11:20
-, -, - -
男組・高橋直輝組長出所祝い

4月25日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度の晴天下、歩いて駅。 直行快速電車で、10時45分に神保町。 

 

注文と返品の処理をして、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 「ひょっこ」昼の部。

 

1時きっかりに、6月末出版予定の著者と、95%出来上がっている原稿を前に、内容検討。 書名について、長時間意見交換。 サブタイトルはいくつも思い浮かぶが、メインタイトルについては、いろいろ意見は出るものの決定に至らず。 最終的な日程の打ち合わせを行って、4時半過ぎ、羽田に向かう著者を見送る。

 

7時に、新宿で行われる、反差別カウンター集団、狠冒”の高橋直輝組長の出所祝いに駆け付ける。 沖縄・高江のヘリパット建設阻止闘争で、本当に軽い微罪で、不当にも199日勾留され、先週末やっと保釈が認められ、今日東京に戻って来て、急きょ設けられた祝いの宴。 

 

大人数が集まり、組長の獄中闘争をねぎらう。 二次会で、高橋組長が熱く、沖縄の構造的差別を語る。 組長をホテルに送って、2時前に帰宅。 

 

帰宅方向が一緒の、組員と自宅で大吟醸。 以後記憶なし!

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 12:31
-, -, - -
新宿・ヘイトデモ・カウンター行動

4月23日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 有機パンを焼いてコーヒーで、昼食。

 

1時前に、新宿。 拉致被害者を騙ったヘイトデモに対する、カウンター行動。 30人余りの、グロテスクなヘイトデモに対し、200人近いカウンターで圧倒する。 

 

警察の警備は、以前より少しマシ。 有田芳生議員が、横田めぐみさんのご両親は、拉致問題を利用したヘイトデモを容認せず、迷惑だと語っていることを、拡声器で強調。

 

4時に、カウンター行動を終えて、反差別集団“男組”の若いメンバー二人と、新宿の居酒屋。 勢いついて居酒屋をハシゴし、最後はゴールデン街。 なじみの店は日曜日なので、みな休み。 しかし、欧米系外国人の観光客で大賑わい。

 

以後記憶なし。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:44
-, -, - -
男組・高橋直輝組長釈放!

4月21日(金)

 

朝、9時15分起床。 寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温17度の曇天下、歩いて駅。 直行快速電車で、11時半に神保町。

 

メールとツイッター、フェイスブックの確認をして、「ひょっこ」昼の部を見ながら、自家製ウィンナーソーセージ入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

自民党の一強支配と、安倍政権の、有無を言わさない強権的国会運営は、もはやファシズムと言ってよい。 今朝の朝日新聞が、「議論封じ 沈黙の自民」と題し、自民党内部のモノ言えぬ状況を活写している。 

 

表題の、「パノプティコンの住人」については、ミシェル・フーコーの、『監獄の誕生』が描き出している。 権力者に服従し、規律を内面化させた従順で思考を放棄した、人の群れを生み出す。 小選挙区制度が生み出した、異常な事態だ。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 日曜日はヘイトデモに対するカウンター行動があるので、WIN5のみ事前投票しておく。 

 

読むより溜まる方が多い、切り抜きとプリントアウトした資料を読み漁る。 6時半まで読みぬいて、本日打ち止め。 7時に、事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、9時前に帰宅。

 

巨人vs阪神戦を見ながら、5割引きの刺身で、柚子入り焼酎のお湯割りを飲んでいると、昨年10月、沖縄・高江のヘリパット基地建設反対闘争の渦中に、不当逮捕され、那覇拘置所に7カ月近く勾留され、昨日保釈申請が却下された、反差別カウンター集団、男組・高橋直輝(添田充啓)組長が、保釈却下に対する準抗告が受理され、釈放されるとの、吉報が入る。 

 

10時前から、インターネットで沖縄那覇の拘置所前で、釈放LIVE中継。 10時半過ぎ、高橋組長が釈放され、拘置所前につめかけた大勢の人から花束を渡され、感無量! 元気な組長の姿を11過ぎまで実況中継で見る。 

 

民放各社の、遅いニュースを見て、興奮を抑えるために、ウヰスキーのロックを飲んで、2時に就寝。

 

※ 朝起きて、スマホのメールを見ると、琉球新報も沖縄タイムスも、カラー写真入りで、大きく取り上げているが、朝日新聞には、一行もない。 本土と沖縄の温度差は、厳しい。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 07:46
-, -, - -
参議院法務委員会

4月13日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 NHK、「あさイチ」の番組構成が、金曜日バージョンだったので、訝しく思うも、明日の熊本大震災1周年に向け、スタジオごと熊本入りするとのことに、納得。 

 

シャワーを浴びて、昨日より3度低い、気温14度の晴天下、そよ風吹く中、歩いて駅。 準特急〜区間急行と乗り継いで、10時半前に神保町。

 

今日の東京新聞に、弓立社の新刊、『おひとりさまで逝こう』(三国浩晃著)の広告が載ったこともあり、事務所に入るなり、電話応対に追われる。 今日一日で10件近い注文があり、まずまずの手応え。

 

12時半に、大手出版社を退職された、Nさんが見えられ、近況を確認しあう。 署名入りの、著作本を頂く。 1時半に、自家製ウィンナーソーセージ入り野菜サラダで+おにぎり一個で、昼食。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、買ったばかりの競馬専門月刊誌二誌の、重要情報ページをコピーさせてもらう。 先週WIN5の高配当を、惜しくも逃したKさんは、皐月賞に向け、かなり気合が入っている様子。 情報過多になりそう。

 

4時に、やっと参議院法務委員会での、民進党・有田芳生議員の質問を、参議院のネットで、見ることができた。 

 

まず、「ヘイトスピーチ解消法」施行後、1年近くたった現状報告を求め、ネット上のヘイトスピーチ規制について質問。 「グーグル、ツイッター、フェイスブック」には一切対応できず、野放し状態について、人権擁護局長を質す。 規制を強化しているドイツなどに、大きく遅れている。

 

次に、4月9日に行われた、新宿におけるヘイトスピーチデモに対する警視庁の対応について、厳しく追及。 抗議者を排除し、ヘイトデモを守るかのごとき現場警察官の行為を、強く批判。 答弁に立った、警察庁の白川審議官は、トランプ当選以降の、安倍政権のファッショ的強権姿勢を、忖度しているような警察官僚の答弁に終始。

 

ロシアの翻訳本の原稿を、6時半まで読んで、本日打ち止め。 7時に事務所を、退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。

 

5割引き、5点盛りの刺身と鯛刺しの塊+豚肉の野菜炒めで、梅干し入り焼酎のお湯割り、二杯の夕食。 日テレ〜BS日テレで、巨人vs広島戦。 逆転勝ち目前の、9回表に7点も入れられ、ぼろ負け。 監督が悪い! せっかくの夕食が不味くなる。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 米軍による、北朝鮮に対するミサイル攻撃が現実味を帯びてきた。 信頼している情報筋からも、トランプならやりかねないとのこと。

 

BSで、本日初めての「ひよっこ」夜の部。 民放各社のニュース&スポーツ。 NHK、Eテレで「バリバラ」の再放送を見る。 乙武を、いじりながら批判。 乙武の反省はまだ足りない。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:45
-, -, - -
ヘイトデモを容認する、警視庁

4月10日(日)

 

朝、7時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 「ひょっこ」、朝の部を見て、バスに乗り、駅。 満員電車で、立ったまま、9時半に神保町。 

 

研修のレジュメを再点検して、地下鉄で、10時40分に大手町の産経新聞社。  例年、配属先が決まった後の、10月に新人研修を行っていたが、今年は入社早々の研修となった。 

 

50人を超える新入社員は、男女半々(若干女性の方が多いように感じた)で、初々しい爽やかさとやる気に満ちていた。  いつも通りの、「マスコミと差別表現」の研修だったが、冒頭、昨秋沖縄・高江での、大阪府警機動隊員による、「土人」「シナ人」発言の差別性と、沖縄(琉球)差別の歴史などを話す。 

 

サンフランシスコ条約(沖縄は米軍占領下に留められた)が発効した1952年に、日本に駐留している米軍基地の割合は、沖縄10%―本土90%。 1972年、本土復帰時には、沖縄50%―本土50%、そして今現在、日本国土の陸地面積の0・6%を占めるに過ぎない沖縄に、在日米軍基地の72%が集中している現実は、琉球民族に対する、本土中央政府の差別政策以外の何物でもないことを強調する。

 

研修終了後、担当者と高級幕の内弁当で、昼食。 今年二回目の、超美味しいランチをごちそうになる。 コーヒータイムを終えて、2時過ぎに事務所に戻る。 

 

弓立社の小俣社長が来て、にぎやかな話。 NHKの新体制について聞くと、やっと笑いが職場に戻ったと、現役社員が嬉しそうに語っていたという。 

 

ツイッターとファイスブックを開き、昨日日曜日に、池袋、新宿、中野で、ヘイトスピーチデモが行われたことを知る。 新宿の、たかだか20数人の排外主義デモに、警官百人近くが集合し、あろうことかヘイトスピーチに抗議する、カウンターのメンバーを排除する権力行動が行われたという。 

 

「ヘイトスピーチ解消法」成立に尽力した、民進党・有田芳生議員の抗議を阻む機動隊の映像がネット上にアップされている。 「解消法」を無視する警視庁の違法行為に対し、13日参議院法務委員会で追及するという。 ネットで見れるので、必見!

 

夕方、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の、3歳牡馬のクラッシック第一弾・皐月賞の展望。 馬友は、4000万近い配当になった、WIN5を最後の桜花賞で外したという。 単勝1・5倍の、一番人気馬が1着でも、100万はゆうに超える配当だっただけに、嘆くこといかばかりか。 6時まで慰めて、見送る。

 

7時過ぎに、事務所を退出。 直行電車に乗って、9時前に帰宅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 5割引きの刺身と自家製カボチャ煮、焼き飯少々で、柚子入り焼酎のお湯割りと水割り各二杯で夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 トランプによるシリアミサイル攻撃報道、中立的だが以前よりましというところ。 クローズアップ現代。 トランプの、シリア政府軍ミサイル攻撃。 ゲストも含めも無残な内容。 出だしの画面に映った、武田真一キャスターの暗い表情の意味が分かり、テレ朝、報道ステーションに切り替える。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。 浅田真央選手の、突然の現役引退宣言に、各社翻弄されていた。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -
大相撲でのヘイトスピーチ

3月30日(木)

 

朝、10時起床。 顔を洗って、気温14度の春うららの、霞晴天下、歩いて駅。 直行快速電車で、11時半過ぎに神保町。 

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、空腹をポテトサラダと武州煮ぼうとううどんで、満たす。 応援に来ている娘と月末の支払いなど、会計処理。 

 

朝日新聞の論壇時評で、小熊英二氏が、「労働を買いたたかない国へ」と題した、思考実験を行っている。 「あえて言おう。フルタイムで働いても尊厳ある生活ができないレベルの対価で人間の労働が買われている状態は、人権侵害である。人間が尊重されない社会では、経済も成長しない」。

 

大相撲での、大関・照ノ富士に対する、「モンゴルに帰れ」ヤジが波紋を広げている。 れっきとした差別発言であり、ヘイトスピーチにもかかわらず、相撲協会はなんら対策を講じようとしていない。 

 

「日本人がんばれ、異様な空気が国技館を覆っている」と、小説家で相撲ファンの星野智幸氏が危惧している。 「明確に差別をしてやろう、と思って差別する人は少数派なんです。多くの人は明確に意識しないまま、差別に加担していきます。何が差別かは、差別意識の有無で決まることではないのです」。 至極真っ当な意見。

 

「森友学園」事件に関連する、安倍昭恵について、そのいかがわしい思想性を詳報している、『週刊文春』と『週刊新潮』を読んで、早め6時に、事務所を退出。 直行快速電車で、駅。  フードマーケットで買い物をして、バスに乗り。7時半に帰宅。 

 

BSジャパンで、「開運!なんでも鑑定団」。 昨年見た記憶が少しだけあるが、しかし、面白い。 定価のカツオの刺身、5割引きの刺身3点盛り+自家製肉じゃがで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9.。 「森友学園」疑獄事件の報道が無くなくなった。  TBS、ニュース23。 冒頭から、「森友学園」疑獄事件の追及。 さすが、報道のTBS。 

 

BSNHKで、「世界入りにくい居酒屋」、ホノルル編を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -