RSS | ATOM | SEARCH
突発的に、神保町で知人と夕食

12月8日(金)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温5度、鈍い太陽光が不気味な、鉛色の曇天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半前に神保町。

 

銀行に寄り、年末に向けて、資金繰りの段取り。 混んでいて30分待たされる。 朝から、弓立社の『デスク日記』の客注文が間断なく入る。 多分、原寿雄さんの訃報が新聞各紙に大きく取り上げられ、そこに『デスク日記』が主な著作として記され、なおかつツイッター上でも、著名なジャーナリストからの悼む声が多く寄せられているからだろうと思う。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。  新聞二紙を読む。 

 

元毎日新聞の社長で、プロ野球パ・リーグの会長も務めていた、小池唯夫さんが亡くなったことを知る。 30年ほど前、小池さんが編集局次長の時に、いろいろとお世話になり、ウィスキーを飲みながら、人生について教授された。 最近は年賀状の交換だけだったが、過日の白根邦男さんといい、毎日新聞でお世話になった方が逝かれるのは、一抹の寂しさを覚える。

 

4時過ぎに、某テレビ局の方々が暮れの挨拶に来られる。 お茶一杯のおもてなしだったが、会話が盛り上がり、2時間近く歓談。 待望の手帳をはじめ、人気のアニメカレンダーなど、関連グッズを頂き、感謝! 

 

一息入れて、事務所を退出しようとしたところへ、知人から近所で飲み始めたから来ないかとの誘い。 二つ返事で駆けつけ、美味しい料理とお酒をごちそうになる。 2時間ほど飲んで、8時に地下鉄に乗り、鈍行に近い快速電車で、駅。 氷雨振る中、バスに乗り9時に帰宅。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 トランプの、エルサレム首都宣言で、混乱する中東情勢。 テレ朝、報道ステーション。 ゲストのアフロヘア―ーの元朝日新聞の女性記者。 今一つピントが合っていないコメント。

 

遅い民放各社のニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 12:08
-, -, - -
府中で忘年会

12月6日(水)

 

朝、8時半起床。 シャワーを浴びて、気温6度の晴天下、歩いて駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

重要な、メールの返信に、時間をかける。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

NHKの“ごごナマ”に、お笑いの中川家が出ていたので見る。 吉本の芸人養成学校(NSC)出身だと知る。 生の即興で掛け合い漫才。 笑いながら2時まで、ついつい見てしまう。

 

ひと寝入りしようと思っていたところに、学生運動時代からの知り合いで、旅行会社を経営しているFさんが、九段下まで用事で来たのでと、立ち寄る。 

 

二人にに関連する組織の話や、昨今の危機的政治情勢について、突っ込んだ話。 お互いに、60歳を超えても、意気軒昂! Fさんに、卓上カレンダーを頂いで、再会を約す。

 

6時前に事務所を退出して、京王線に乗り、府中駅。 駅近くの馬肉料理店「SINBA」(新馬のことか?)で、新潮社のKさん、講談社のYさんと忘年会。 帰りが遅くならないように(ハシゴ酒をしないように)、“合理的配慮”をして頂き、家に近い府中で懇親会を催すことになった。 

 

引越してから、まだ府中競馬場に挨拶していないので、少し気が引けるが、美味しい馬肉の刺身と焼酎で楽しい宴。 無茶苦茶流行っていて賑やか。 隣の席の団体客が帰り際に、喧しくて済みませんとの一言。 府中の夜は礼節の街。

 

10時に終えて、帰る気持ちが表情に見て取れた二人に、府中駅2Fのプロムナードの、看板には爛轡腑奪肇弌“と表示していた「DARING」というオープンバーに、小一時間のつもりで、飛び込む。 ところが、12時前まで帰るに帰れず。 

 

それは、ショットバーのオーナーが、尊敬しているという爛疋鷯西”さんの物真似にある種の感動を覚えたから。 途中から、寒い中、ほとんど裸になって、大パフォーマンス。 テキーラを呷りながらの饗宴に、拍手! しかし、駅隣接ビル2Fのお店で、大丈夫かと心配する。

 

12時前に、府中駅から電車に乗って、Kさん、Yさんと別れ、12時15分に帰宅。 しかし、府中は大都市になっていることを実感。 

 

NHK、Eテレで、ETV特集、「沖縄写真家・石川真生」を見て、1時半に就寝

author:小林 健治, category:お酒, 09:48
-, -, - -
白金・プラチナの夜

11月8日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨ぱらつく中、来たバスに飛び乗り、駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。 メールの返信など。 

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 白金の馬友から、別件で相談事。 そういえば古書店で、懇意にしていた人たちも皆退職していることに気付く。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週三連戦の闘いの反省と今週の展望。 エリザベス女王杯に出走する、ルージュバックに、世界の名手・ムーア騎手が騎乗することを教えられる。 デムーロ兄弟、ルメールなどの外国人勢、そして、我らが武豊などトップジョッキーの腕比べに花が咲く。

 

神保町クリニックで、常備薬を処方してもらいに行く。 同じ会社らしき人達が、インフルエンザの注射を受けに次々とやって来る。

 

神保町、スズラン通りのの文房具店まで足を延ばし、ボールペンを購入。 古本屋を散策しながら靖国通りを歩いていると、民進党の参議院議員・有田芳生さんとばったり遭遇。 少し立ち話をして、来週神保町の居酒屋で、久しぶりに一献傾けることを約し、事務所に戻る。

 

6時半に、白金の鉄板焼き店、“甚六”。 白金の地主・Mさんが御馳走してくれるというので、馳せ参じる。 プラチナ通りに店を構えるショットバー“カフェカルヴァ”のオーナーAU嬢も来て、積もる話。 

 

二次会を、ママの店で常連たちと歓談。 楽しい夜を過ごし、Mさんにお礼を述べ、山手線に乗って、帰ろうと思うも常連の、魅惑的な娘・Y子ちゃんと、近場の秘密の泰西料理店“モレスク”。 いろいろ悩みを聞いて、解放される。 

 

多分2時前には帰宅して、寝たと思う。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:お酒, 10:36
-, -, - -
新宿・ゴールデン街の夜

9月22日(金)

 

朝、8時半起床。 シャワーを浴びて、晴天下バスが来たので飛び乗り、駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。

 

弓立社の新刊『一人暮らしで生きていくための任意後見人入門』(大野益通著)の、広告掲載日がすべて決まり、ひと段落。 

 

朝から鼻水が出て、クシャミも治まらず、気合が入らない。 「ひよっこ」、昼の部を見て、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

今日の尾崎ゼミ、デカルトの『方法序説』の予習。  ネット右翼が、高麗神社などを参拝した、天皇・皇后両陛下を、「反日左翼の遊び好き夫婦」との妄言を吐いている。 こんな暴言、民族派右翼は黙っていていいのかと思う。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、競馬の話もそこそこに、衆院解散総選挙の話題。 野党共闘がきちっとまとれまれば、固い共産党の票で、一人区で浮上する候補もある。 

 

7時前に、事務所を退出し、地下鉄で西馬込駅 今日の尾崎ゼミは、ゼミ生の一人、Kさんの新居で行う、出張ゼミ。 各人飲み物を持参し、Kさんのパート―ナー手作りの、秀逸のスペイン料理で、アフターゼミ。

 

11時半過ぎにお開きにして、地下鉄〜山手線を乗り継いで、新宿。  最終電車に間に合わなかったことを言い訳に、ゼミ生Iさんと、新宿・ゴールデン街。 

 

以前よりは、ヨーロッパ系とアジア系の観光客は減ったとはいえ、賑やか。 “ル・マタン”の、みやこママと、帯状疱疹の話。 まだ治らない上に、痛風を発症したという。 勢いついて、“ペグ”。 記憶はこの辺まで。 

 

多分、5時前には帰宅して、寝たと思う。

author:小林 健治, category:お酒, 14:44
-, -, - -
神保町の夜

9月13日(水)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、バスで駅。 

 

満員のバスの中で、恰幅の良い兄ちゃんに挨拶される。 顔に見覚えはあるものの、誰かわからない。 悶々としながら、いろいろ脳内検索をしていて、明大前駅でやっと、いつも焼酎を買っている、近所の酒屋さんの息子さんと判明(多分)。 引っ越して1年半、50回以上お店に通っているのに、記憶力の衰えを感じる。 

 

10時半過ぎに、神保町。 娘の応援を得て、各取り次ぎ店への、常備寄託書店リストとの作成と明細そ作成、そして請求書発送と精算など、会計処理をしてもらう。 

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 研修のレジュメ作りに精を出す。 午睡30分。 

 

6時半に、近所の居酒屋で、毎日新聞のTさんと懇親会。 共通の友人の話で盛り上がる。 二次会を、お約束の神保町の文壇バー“燭台”。  積もる話を、最終電車が打ち切り、地下鉄神保町駅。 

 

途中で終点となり、タクシーに乗って、1時過ぎに帰宅。 即寝。

author:小林 健治, category:お酒, 09:57
-, -, - -
連日の痛飲

7月24日(月)

 

昼、お盆休みのような気分で、12時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 「ひょっこ」、昼の部を見て、バスに乗り、駅。 区間急行で、2時に神保町。

 

昼食をとる間もなく、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望を、うわの空で聞く。 3時に、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、遅い昼食。

 

新刊、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)の注文電話が、7〜8件かかってくる。 図書館からか、15冊の注文も受け、気分良好。 昨日の産経新聞に書評が載ったことのおかげだと思う。 いい時には吉報が重なるもので、広島の“兄弟”から、香山リカさんの、『うつになる職場 ならない職場』の大量注文を頂く。 本当にありがたい!

 

今日の尾崎ゼミ、デカルトの『方法序説』の予習。 リコーの担当者が来て、コピー機の設置と移動日などの打ち合わせ。 

 

放送メディアの方から、差別語・差別表現がある映像に対する、「お断り書き」について相談を受ける。 基本は、問題のあるシーンをカットするのではなく、そのまま放送することにあるのだが、視聴者が無意識に見過ごすことののないような、注意を促すテロップに意味がある。

 

7時から、尾崎ゼミ開始。 『方法序説』。 西田幾多郎の、『善の研究』に比べ、数段読みやすい。 9時に終えて、アフターゼミ。 お中元で頂いた、サントリーの瓶ビールなどで、懇親会。 話題はもっぱら、衆議院での「加計学園」疑惑の国会審査。 断末魔の安倍政権。『週刊金曜日』のゼミ生・Iさんが、スパーリングワインと赤ワインを持参し、遅れてやってきて大賑わい。

 

最終電車に乗り遅れ、神保町の文壇バー“燭台”。 若い編集者で賑わっている。 昨日に引き続き、痛飲して2時に帰宅。 即寝。

author:小林 健治, category:お酒, 11:18
-, -, - -
神楽坂の夜

7月3日(月)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、自民党都議選大敗のおかげで、8時間熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温29度の、蒸し暑い夏本番の晴天下、歩いて駅。 区間急行で、10時半に神保町。

 

都議選自民党の、歴史的大敗を歓迎する、ツイッターやフェイスブックを読む。 ネトウヨの聖地・秋葉原での、安倍首相の都議選最終日の応援演説。 ヤジと怒号、「森友学園」籠池夫妻も現われ、混乱状態。 

 

沈没船から逃げ出す鼠のように、民進党の参議院議員が一人離党した。 そして、民進党東京都連会長の松原仁が辞任するという。 辞任ではなく、党から追放すべき。 民進党内にいる、日本会議に参加し、憲法9条改憲を叫び、原発廃止に反対する議員などを整理しない限り、国政選挙でも信頼を回復することは不可能。

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ新聞は、スポーツ報知、サンスポともども、将棋の藤井聡太4段の、連勝ストップ記事が、一面トップ。  朝日は、「自民惨敗、過去最低」の大見出しで、都議選結果を報道している。 1〜3面にわたる記事内容は、まだ情報不足と時間的制約の中、現象面をたどるだけで、本質的な批評はこれから。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週と同じく競馬の話より、都議選の話題。 競馬も大勝ちし、興奮して夜明け方まで寝れなかったという、馬友が投票したのは、北区で最後に当選した人物。  

 

都内の大手書店から、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)の、まとまった部数の注文が入る。 急ぎというので、仮伝票を切って段ボール二箱発送。 

 

6時半に、神楽坂の和食店で、新潮社のKさんと暑気払い。 新刊の宣伝以外は、ほとんど都議選での、自民党の記録的大敗の話。  しかし、いつも買っている5割引きの刺身との違いを思い知らされるような、美味なマグロ。 うまい料理に、陶器で飲む生ビール、そして限定の銘酒で、会話も弾む。 二次会を神楽坂のカラオケボックス。 記憶はこの辺まで。

 

多分、1時頃には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:お酒, 13:21
-, -, - -
父の日、芋焼酎“黒霧島”

6月18日(日)

 

朝、8時起床。 曇天に布団、干せず。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 共謀罪の強行採決と「加計学園」疑惑など、安倍政権をコメンテーター全員が批判するも、現実政治を変革する世論形成叶わず、苛立たしい。

 

息子夫婦が来るとの電話。 父の日に合わせて、高級薩摩揚と芋焼酎“黒霧島”を頂く。 政治不信の話をするも、息子のパートナーのお腹は大きい。 8月末には、孫の顔が見られそう。 

 

パートナー(嫁)はまだ会社勤めをしているが、地下鉄でほとんど席を譲られないという。 安倍政権下、新自由主義的自己本位の雰囲気が社会に蔓延し、皆生きるのに精一杯で、他者を“忖度”することもできず、生活に疲れているのだろう。

 

バス停まで息子夫婦を見送り、その足で別ルートで、産地直産市場に行き、新鮮野菜などを買う。 酵母パンにバターを塗り、淹れたてコーヒーで昼食。 

 

府中競馬場に大雨が降る中、中央競馬。 WIN5は3勝2敗で惜敗。 小降りになった頃合いを見計らって、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 昨日と違い水量に勢いがある。 

 

川では、大雨が降り、水位が上昇し、酸欠状態から抜け出した、大型鯉が群れを成して大賑わい。

 

午睡の後、筋力トレーニングとストレッチ、1時間。 身体の芯から、汗で不純物を排泄し、風呂に入り、極楽。 

 

7時に、鶏ささ身と胡瓜の胡麻和えと、自家製、子玉葱入り野菜満載のカレーの具で、“黒霧島”の水割り3杯の、夕食。

 

NHKで、大河ドラマ、「おんな城主 直虎」。 柴咲コウに劣らない輝きが、菜々緒にもある。 サンデースポーツ。 延長12回、巨人が涙の亀井の一発で、サヨナラ勝ち。 いいムードになってきた。 しかし、マンスリーキャスターのバスケ田臥は、見ていた痛々しいほど憔悴している。

 

フジで、Mr、サンデー。 久しぶりに、チェアーマッサージで身体をを解し、日テレ、「ガキの使い」で精神を緩め、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 09:30
-, -, - -
クラブ“数寄屋橋”50周年

4月14日(金)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 NHK、熊本から中継の「あさイチ」を見ていると、ベトナム人の、女子小学生・リンちゃん殺害容疑者に、逮捕状が出たとの、速報が流れる。 

 

後でわかったが、容疑者(46歳)は被害者の学校のPTA会長で、近所に住んでおり、朝の登校児童の見回りもしていたという。 小学校5年生の孫娘のことを考えると、警察・検察は動機をきちんと明らかにし、徹底解明し厳罰に処すべき。

 

シャワーを浴び、正装してバスで駅。 快速電車〜準特急〜区間急行と乗り継いで、10時半過ぎに神保町。 11時15分に、神保町クリニックの皮膚科。 

 

だいぶ良くなっているが、麻痺と痺れは、あと二週間レベルアップした薬を飲み、様子を見ることになる。 右肘の激痛は、帯状疱疹とは、全く関係ないと、即断される。

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、自家製ウィンナー入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 リクライニングチェアを170度倒して、転寝1時間。 薬の副作用で眠くなると、皮膚科の美しい先生から言われた。 自己責任ではない、午睡。

 

5時に事務所を出て、日比谷の帝国ホテルで行われる、銀座の文壇クラブ狄寄屋橋”の開店“50周年記念の会”に、顔を出す。 

 

26年前に、主婦と生活社・発行の『週刊女性』が、重大な部落差別事件を引き起こし、出版関係では例を見ない公開糾弾会が、三宅坂の、社会党本部のあった社会文化会館の大会議室で、多くのマスコミ関係者の参加を得て行われた。

 

その後、差別問題の研修会の折、終了後、夕食会を経て、初めて連れていかれたのが、“数寄屋橋”だった。 当時は、名前通り、有楽町の数寄屋橋に店を構えていた。  

 

講談社、文藝春秋、集英社などの社長に挨拶し、顔見知りの編集者たちと業界話。 帝国ホテルの、富士の間を埋め尽くす、1000人余りの参加者。 名にし負う“数寄屋橋”の園田ママの、人力に恐れ入る。

 

『日刊ゲンダイ』の元代表・Sさんと、有楽町の中華料理店。 『週刊ポスト』のI編集長が、部下たちの慰労会を開いていた。

 

Sさんに京王線・明大前まで送ってもらい、特急電車に乗って、駅。 バスに乗り、10時に帰宅。 テレ朝、報道ステーション。

 

TBS、ニュース23〜フジ、ユアタイムで、リンちゃん殺害事件の詳報。 容疑者を絶対に許せない。 吐き気を催す醜悪な犯罪。 スポーツニュースを見て、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 09:09
-, -, - -
三連休初日

3月16日(土)

 

朝、8時半起床。 晴天に布団干し。 弥生三月・春の陽気に誘われ、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2個。 川は水が干上がり気味で、大型鯉も所在なさげ。

 

豚まんで、昼食。 読書と中央競馬。 高配当を的中させ、大満足! のどかな三連休初日。

 

6時半に、白金の韓国料理店で、反差別カウンターの若いメンバーと食事会。 香山リカさんも来て、盛り上がる。 沖縄の反基地運動のリーダー・山城博治さんが釈放されたことを祝い、残された添田氏の釈放を願う。

 

「カフェカルバ」〜「モレスク」〜「甚六」と久しぶりに、白金の夜を満喫して、深夜帰宅。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:お酒, 12:28
-, -, - -