RSS | ATOM | SEARCH
ダービーウィーク初日は、一日中原稿校正

5月22日(月)

 

朝、10時起床。 明け方暑くて汗をかき、クーラーをつけて二度寝したら、寝過ごした。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

シャワーを浴び、なんと、気温29度、真夏の晴天下、昨日読み終えた、『沈黙』の主人公の墓碑があるカソリック教会のそばを歩きながら、駅。 準特急〜区間急行で、12時前に、ダービーウィーク初日の、神保町。

 

第三次原稿校正に取り組む。 「ひょっこ」、昼の部を見ながら、大盛りのウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

途中、出版倫理関係の仕事に携わっている、旧知のYさんが見えられ、近況報告と安倍政権批判。 神保町の紙屋の馬友・Kさんは、顔を見せただけ。

 

午睡もなく、引き続き原稿に朱を入れ、A4用紙2枚分の削減作業に没頭する。 たっぷり睡眠をとっているだけあって、頭の冴えも衰えず。 6時に終えて、本日打ち止め。

 

6時半に、事務所を退出。 直行電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、8時に帰宅。 「鶴瓶の家族に乾杯」。 今回の訪問地は、東京の日の出町で、ゲストは“ひょっこ”のヒロインの母親役、木村佳乃さん。 ジャニーズの東山の嫁はんであることを、今日初めて知る。

 

5割引きの刺身、4点盛りと3点盛り+ブリの切り身を買って照り焼きにし、新鮮トマトとラッキョを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 凝りもせず北朝鮮のミサイル発射問題。 「クローズアップ現代」で、“引きこもり54万人”(40歳以下)。 それをビジネスにする、“自立支援”企業の問題点について。

 

テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次を見るだけで、気分が悪くなる。 TBS、ニュース23。 今しがた見た、「クローズアップ現代」と同じ内容を、元警部が経営する、ひきこもりブラック産業の実態を暴露しながら、徹底追及。 NHKとTBSの力量と問題意識の差が鮮明になった。

 

フジ、ユアタイムで市川紗椰。 ここでも「クローズアップ現代」が取り上げた問題、引きこもりの“自立支援”の名の下のブラックビジネス報道。 NHKの報道レベルの低さが否が応でも目立つ。

 

12時過ぎに、エアコンをかけっぱなしにして、就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:03
-, -, - -
西田幾多郎著、『善の研究』読了

5月18日(木)

 

朝、8時半起床。 まずまずの快眠。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の、薄曇りの下、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時半に神保町。

 

原稿の朱入れ、削減に集中し。 12時半に第二回目の、校正を終える。 「ひよっこ」、昼の部を見ながら、大盛りウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダと野菜サンドで、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は一面トップに、今日も「加計学園」疑惑を追及し、文科省の内部資料を大きく取り上げている。 安倍総理の関与が公文書の形で、動かぬ証拠として出てきた。 菅官房長官は、出所不明の牴文書”と言い放ったが、所作に落ち着きがなく、その表情に動揺の色は隠せなかった。

 

午睡30分。 今日の尾崎ゼミ、『善の研究』の予習。 今日で読了することになるが、第一回目は2013年7月17日に行われている。 途中講師・尾崎秀英氏が病に倒れ、そして帰らぬ人となる痛恨事もあり、1年半近く中断していたが(その間はマックスウェイバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義精神』)昨年4月から再開し、今日読了となった次第。

 

倉田百三は、西田哲学について「氏の哲学は実に概念の芸術であり、論理の宗教である」と述べている。 とにもかくにも、西田哲学の基本概念である、「純粋経験」は何とか理解できたと思う。  

 

永井均氏は「純粋経験」の描写として、川端康成の『雪国』冒頭の、 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を挙げている。 主語のない、「主客未分の経験」として解説している。

 

窓外の天気が異常。 暗くなり雨が降ってきたと思えば急に晴れ、また暗くなり雷鳴轟き大粒の雨。 しかし、またすぐ明るくなり澄み切った青空に戻る。 これを3度繰り返す。 春から夏への移行期特有の気候現象。

 

7時に、尾崎ゼミ開始。 8時に読み終えて、反省会。 8時半から、アフターゼミ。 各人持ち寄ったつまみをあてに、ビール、焼酎などで懇親会。 

 

11時に打ち上げて、鈍行〜特急で駅。 タクシー基本料金で、12時過ぎに帰宅。 

 

爛丱螢丱”再放送を見て笑い、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:02
-, -, - -
第一次原稿校正終了

5月12日(金)

 

朝、8時起床。 夜中暑くて寝汗。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、気温22度の晴天下、バスに乗り、駅。 直行快速電車で、10時過ぎに神保町。

 

頭がすっきりしている午前中に、淹れたてコーヒーを飲みながら、原稿と向かい合い、朱入れ削減作業に集中。 12時半に、一息入れて、「ひょっこ」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。

 

新聞三紙を読んでいると、昨日のNHK、ニュースウォッチ9の、最後の1分間で、桑子アナの婚約に触れたという。 いつも10時、3分前ぐらいにテレ朝に替えるので、見逃した。 祝福しようと思っていただけに、残念!

 

午睡なしで、原稿校正。 3時半に、やっと第一回目の朱入れ作業をを終える。 タイミングよく、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望を語りながら、ブレイクタイム。 今週のG機Ε凜クトリアマイルは、レッゴードンキで軸の一頭は固いことを確認。

 

7時過ぎに、事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。 5割引きの3点盛り刺身、野菜の甘露煮、ポテトサラダで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 テレ朝は、共謀罪について、ゲストに周防正行監督を招いて、その危険性をきちんと報道。 後藤謙次がいない金曜日が一番。

 

NHK、ニュースチェックで、「私 日本人でよかった」という、神社本庁が作った排外的なポスターについて取り上げ批判。 しかもモデルは、中国人女性だということまで報道。 極右の無恥が良く表れている。

 

遅い民放各社のニュースを少し見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:05
-, -, - -
一日中、原稿+睡魔と格闘

5月11日(木)

 

朝、10時起床。 夜中蒸し暑くて寝付けず、睡眠不足気味で、寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行と乗り継いで、11時半に神保町。

 

会計実務で応援に来ている娘に助けられ、原稿を少し読んで、「ひょっこ」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読んで、午睡30分。

 

再び原稿に朱を入れ削減する作業。 途中またしても、睡魔に襲われ、午睡30分。 疲れがたまっている。 7時過ぎまで、睡魔と闘いながら原稿修正作業を行って、本日打ち止め。

 

直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。 5割引きの、刺身3点盛りと、鯛の塊をつまみに、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 自家製豚肉入り焼きそばで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 期待した、番組内での、桑子真帆アナの婚約発表はなかった。 サザンの桑田が歌っている、「ひょっこ」の歌詞の意味が分からないと、平気で言う会長の下では無理か。

 

テレ朝、報道ステーション。 自民党内部の亀裂が露呈。 唐突な、憲法9条に自衛隊の存在を「加憲」する発言に反発する声あり。 自民党内の反安倍の動きを注視。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:28
-, -, - -
著者と打ち合わせ

5月8日(月)

 

朝、8時半起床。 暑くて寝汗をかき、熟睡できず。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、バスで駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時半に神保町。

 

今日打ち合わせの、原稿を読み始めるも、弓立社の新刊、『おひとりさまで逝く』の注文電話が殺到し、午前中は原稿を読めず。 

 

自家製薩摩揚入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 原稿読み開始。 途中、「ひよっこ」昼の部。 午睡30分。 

 

2時半に、神保町の紙屋の馬友、Kさんが来て、15分間だけ、先週の反省と今週の展望。 

 

3時に著者Tさんが、大阪から飛行機で来られる。 原稿を前に、各章逐次的に6時まで、徹底意見交換。 6時半に、今度出版する本の内容点検もして頂いた、Tさんの友人が来られ、近くの中華料理店・新世界菜館で食事会。 面白くも貴重な話で盛り上がり、8時半過ぎに終了。 

 

空いていた直行区間急行で、駅。 バスに乗り、9時半に帰宅。 テレ朝、報道ステーション。 フランス大統領に、39歳の政党を持たない、マクロン氏。 6月の国民議会選挙をどうするのかと思う。 

 

その点、小池百合子都知事はそつがない。 明日は、韓国大統領選。 世界的に政治の季節。 

 

衆議院予算委員会。 憲法改正について、安倍総理は、読売新聞を読んでくれとの、すっとぼけた答弁。 議会軽視とかのレベルではない。「森友学園」の籠池氏の参考人招致を拒否し、安倍昭恵の国会喚問に応じず、 独裁的政治運営。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:25
-, -, - -
著者、広島より上京す

5月2日(火)

 

朝、11時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、「ひょっこ」昼の部を見て、雲一つない気温24度の五月晴れの下、歩いて駅。 直行快速電車で、2時に神保町。

 

ツナと玉子入り野菜サラダと冷やし中華の大盛りで、昼食。 やはり冷やし中華は、麺も細くなり美味しくなかった。 神保町の雰囲気は、休日並み。

 

4時過ぎに、広島から上京してきた、部落解放運動の活動家で理論家の、Kさんと企画出版の打ち合わせ。 娘さん夫婦が東京にいるとのことで、連休を利用して上京。 その間に出版打ち合わせの時間を取ってくれたもので、

 

感謝! 5時間近く9時前まで、お茶だけで企画書を前にKさんの、ほとばしる広島弁の言説を録音。

 

「受難者の神聖化」がもたらす、「下からの権力」。 カール・マルクスとミシェル・フーコーそしてアントニオ・グラムシを判断基準に、今陥っている部落解放運動の頽落を、根底的に批判し、再生の手掛かりを示唆してくれる。  

 

神保町駅から、家族が食事ているという新宿駅まで送り、そのまま駅。 西友で食料を仕入れ、バスで10時に帰宅。

 

テレ朝、報道ステーション。 巨人、菅野の3連続完封勝利に感動! 5月9日の、東京ドームが楽しみになってきた。 しかし、後藤謙次の顔は見たくない。 

 

民放各社のニュースポーツで、菅野のの好投を見て、チェアーマッサージを受け、気分良く1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:25
-, -, - -
大型連休の谷間

5月1日(月)

 

朝、11時起床。 爆睡! 有機人参ジュースと青汁二袋。 今日から皐月・五月。 大型連休の谷間だが、暦とおり事務所に行く。

 

近くの高校生で超満員の、バスで駅。 準特急〜区間急行と乗り継いで、ドアtoドアで最短の45分、12時45分に神保町。 銀行に寄って、事務所。 

 

論創社の森下社長と、息子さんが見えられ、弓立社の新刊の販売打ち合わせ。 自家製さつま揚げ入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 国際基準のレーティング理論のことを詳しく聞く。 特にグレードレースの馬券検討には欠かせない数値。 今週のG機Γ裡硲縫泪ぅ襯ップの検討、いや健闘を誓い合う。

 

3時過ぎから、にわかに暗雲垂れ込め、春雷鳴り響き、窓外は暗闇。 ひとしきり大粒の雨が降った後、後光が射すように明るくなり、平常に戻る。

 

6時から、出版企画の打ち合わせ。  三人の強者が集い、ソーダ割りなどを飲みながら、濃い内容の議論を交わす。 彼をもって嚆矢とする、反差別カウンター集団の精神を描く。

 

近くの居酒屋に席を移し、食事しながら、引き続き企画内容の議論。 神保町交差点近くの酒場で締めて、1時過ぎに、帰宅。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 12:11
-, -, - -
弥生三月

3月1日(水)

 

昼、1時起床。 熟睡! 明け方5時まで話が弾んで、飲んでいたらしい。 弥生・三月。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、バスに乗り、駅。 快速電車〜準特急〜区間急行と乗り継いで、2時に神保町。

 

猛烈な空腹を、自家製野菜サラダと天婦羅蕎麦で、満たす。 眠くはないが、靄がかかったような頭では、原稿を読んでも、眺めているだけで、読解できない。 反省!

 

新聞やメールなどを見ていると、5時の知らせが鳴る。 依頼された原稿の、ゲラが送信されてきた。 きちんとした小見出しも付けていただき、追加するところもなく、感謝の言葉を添えて、返信。 

 

花粉症なのか、鼻水とくしゃみが止まらず、気合が入らないので、6時に事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、7時過ぎに帰宅。

 

5割引きの刺身4点盛りと惣菜で、柚子入り焼酎の水割り3杯の、夕食。 NHK,“ためしてガッテン”。 冒頭先週の糖尿病と睡眠薬の関係などの誇張内容を陳謝。 小野文恵アナは本当に真摯。 ゲスト出演の、HKTの指原荊乃は魅力的で、芸能界で大きく羽ばたくこと間違いない。

 

朝日新聞夕刊、「文芸・批評」「終わりと始まり」で池澤夏樹さんが怒っている。 トランプがアメリカ大統領に選ばれたことを評して、「資本主義の勝利者を貧民が賛美する、というグロテクスな構図が現実のものになった」。 「オルタナティブ・ファクト」「ポスト・トゥルース」「トランプベイブ=トランプ+安倍」。 日本は危機的状況にある。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 「森友学園」の、国有地格安払下げ問題。 NHKの体たらくに比べ、報ステはなかなかの内容。 しかし、民進党は本当にだらしない。 共産党の小池議員の追及は、オールドボリシェビキを彷彿とさせる迫力。 鴻池議員の自爆的記者会見で、また一つ真相が明らかになった。 

 

BSで、「べっぴんさん」夜の部。 民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:17
-, -, - -
週明け月末前日

2月27日(月)

 

朝、9時起床。 光が差し込まず、寝過ごす。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

顔を洗って、薄曇りの気温7度の中、歩いて駅。 直行快速電車で、10時半に神保町。

 

週明けの事務仕事をこなし、頭が鮮明なうちに、依頼された原稿の直し。 「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダと天婦羅蕎麦で、昼食。

 

1時に、税理士さんが来て、確定申告書などに、署名し印を押す作業。 税金の納付書を渡され、大混雑の銀行で納める。 

 

2時半に、学生時代からの友人で、長年旅行会社を経営しているH氏が来られ、頼まれた原稿を受け取り、最近の政治状況の話。 野党の体たらくに、開いた口が塞がらないことで、意見一致。

 

3時半に、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 先週エニグマ馬券を惜しくも外し、帯封を逃したという。 尋常な悔しがり方ではなかった。 

 

4時半から、再び原稿の推敲に時間をかける。 7時半に送信して、事務所を後にするも、急激な寒気に驚く。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り9時に帰宅。

 

5割引きの刺身5点盛りと、惣菜をつまみに、柚子入り焼酎二杯で、夕食。 クローズアップ現代が、相模原障害者殺傷事件を風化させないために設けた、「“19の命”障害者の生きた証しをたどる」。 森達也さんのコメントも含め、いい番組。

 

テレ朝、報道ステーション〜民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:45
-, -, - -
何かと忙しい一日

2月24日(金)

 

朝、8時半起床。 美味しくない野菜ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、歩いて、駅。 

 

午前中、小用が重なり、都内を転々とし、用事を済ませて、午後2時前に神保町。 

 

空腹をたぬきうどんで満たし、送信した原稿について、担当者から頂いた貴重な意見を反映させるべ、く集中して取り組む。 またしても字数オーバーで、四苦八苦する。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、いろいろ重要な資料をいただくも、長話はできず。 

 

8時まで、根詰めて加筆修正作業して、本日打ち止め。 直行快速電車で、駅。 バスに乗って、9時過ぎに帰宅。 

 

隣の精肉店の、豚肉入り自家製大盛り焼きそばで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

相模原障害者殺傷事件の容疑者・植松聖が起訴された。 当然のことだが、障害者差別にもとづくヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)であることを立証し、社会的背景を明らかにすべき。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 金正男が、VXガスで殺害されたという。 しかし、異常かつ不可解な点も多い暗殺事件。 

 

テレ朝、報道ステーション。 NHKも時間を割いて報道していた、大阪の国有地格安払下げ事件。 民進党の追及に、迫力がない。 辻本清美に質問させるべき。

 

NHKの、「時論公論」が相模原障害者殺傷事件を取り上げていたので見る。 全く話にならない内容で、腹が立ち、夜中に血圧が上がる。 

 

民放各社の、遅いニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 19:26
-, -, - -