RSS | ATOM | SEARCH
神保町の馬友、WIN5的中!

12月4日(月)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温7度、冷たく輝く冬晴れの下、歩いて駅。 区間急行で、10時半前に神保町。

 

休み明けの事務仕事をこなし、有り難い直注文、段ボール一箱梱包して、掛かり付けの病院に行き、常備薬を処方してもらう。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。

 

新聞を読み終えたところに、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 なんと、WIN5を的中させ、75万円の払い戻しを受けたという。 

 

それにしては、喜びが表情に現れてないと思っていたら、やはり150万〜200万の配当を期待していたらしい。 本当にそう思う。 こちらは、最後のレースをハズし落ち込んだが、配当額が思いのほか少なかったので、逆に少し救われた気持ちがしていた。 

 

入れ替え代わりに、近所の出版社の編集委員がやって来て、最近の政治情勢と、伊藤詩織さんの、『ブラックボックス』(文藝春秋)の話題。 『週刊新潮』が記事化していたのに、文藝春秋から単行本が発売された経緯を興味深く聞く。

 

4時半にもかかわらず、すでに窓外は真っ暗。 あれこれ雑用をこなしていたら、5時のチャイムが鳴り響く。 6時過ぎに、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は愛知県瀬戸市で、ゲストは俳優の内山理名さん。 瀬戸焼はいつものパターンだったが、自ら社会性がないと語る、帽子店の店主のユニークさに爆笑。

 

NHK、ニュースステーションは、見るに値しない報道番組に成り下がっている。 テレ朝、報道ステーション。 米韓の、大規模な軍事訓練と北朝鮮情勢から、米トランプ政権のロシア疑惑。 至極真っ当な冒頭からの報道。

 

30分間、チェアーマッサージ器に体をゆだね、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:48
-, -, - -
師走競馬は大波乱!

12月3日(日)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

透き通った真っ青な冬空を仰ぎ見て、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で無農薬の新鮮野菜などを大量に買って、川縁を散歩。 昨日と同じくマガモの群れが目立つ。 そのマガモに、橋の上からエサを与える老人一人。

 

焼き豚と極太メンマ入りもやしラーメンで、昼食。 午睡の後、中央競馬。 

 

神保町の馬友から、電話で情報を得て、気合を入れたレースは、3連単・2200万円で、三連複も550万円馬券の、大波乱。 カスリもしなかったが、史上二番目の超高配当だという。 

 

メインレースのG機Ε船礇鵐團ンカップは、調教が抜群だった、ムーア騎乗の、ゴールドドリームが制覇した。 事前予想でも要注意馬として挙げていたが、馬券は外れ。 ムーア騎手追いは凄い凄いの一言。

 

WIN5は、4レースまで的中し、久しぶりに興奮したが、惜しくも最終レースを外し、50万円近い配当を逃す。 最終レースに取り組む気力も失せ、マイナス収支で終了。

 

夕方、湯船を洗い、沸かしたばかりの風呂にゆっくり浸かる。 自家製ポテトサラダとほうれん草の胡麻和え+鶏肉と豚肉入りの野菜鍋で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 転寝30分。

 

後3回で終わる、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 猖槐住の変“に向かって急展開。 

 

NHKで、サンデースポーツ。 期待した、福岡国際マラソンのニュースは、最後の方でほんのん少しだけ。 マンスリーキャスターは見栄えがするが、国内初の2時間7分19秒で三位に入った大迫選手をもっと早く、かつ詳しく報道すべきだと、強く思う。

 

日テレで、スポーツニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:51
-, -, - -
ダートのG機β18回チャンピオンズカップ

12月2日(土)

 

朝、8時半起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

雲一つない澄みきった冬空の下、産地直産市場前の、湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で、有機パンと待望の薩摩揚の盛り合わせを購入して、川縁を散歩。  冷たい清流に、マガモが十数羽、大型鯉の魚影もあり、素人カメラマンが狙いを定めている。 

 

豚まんを蒸し、酵母パンを焼いて、淹れたてコーヒーで、昼食。 「わろてんか」、昼の部。

 

昨日、ウェブ連載「差別表現」にアップした、前地方創生担当相の、山本幸三自民党議員の、人種差別(黒人差別)発言に対し、日本アフリカ学会有志が抗議声明を出し、抗議文を送りつけたことを知る。 本当に、貧困な精神の底が割れたような差別発言を徹底的に批判し、議員辞職に追い込むべき。

 

夕方、隣の精肉店で、ローストンカツとメンチカツ+コロッケを購入し、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

グリーンチャンネルで、明日の、ダートのG機Ε船礇譽鵐献ップの予想番組を見る。 大混戦で難しいレース。 末脚が冴える二頭、6枠12番・カフジテイク、 宦官の2枠4番・ノンコノユメ、そして抜群の動きを調教で見せた、ムーア騎乗の、5枠9番ゴールドドリームと、古豪7枠14番・サウンドトゥルーなど。 いずれにしても狙いは、外国人騎手。 特に、ムーアとルメール。

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 日馬富士の事件の報道の仕方が、極端に貴乃花親方寄りであるばかりでなく、全般に以前と比べて、ヘイト的雰囲気が感じられる。

 

遅いスポーツニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:58
-, -, - -
G機Ε献礇僖鵐ップ的中も低配当

11月26日(日)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で無農薬の新鮮野菜を大量に買い、川縁を散歩。 美味しそうなマガモが一匹。 大型鯉は姿は見えなかったが、一匹が大ジャンプして波紋を広げる。

 

焼き豚と極太メンマ入り、自家製もやしラーメンで、昼食。 午睡して、中央競馬。 

 

WIN5は、時間切れで買い損ねる。 買っていれば4勝1敗。 10万人のファンが府中の杜に集う。 メインのG機Ε献礇僖鵐ップは、的中したものの低配当で、リターン少なし。 勝ったシュヴァルグランの馬主は、大魔神こと、佐々木主浩元投手。

 

夕方、隣の精肉店で、牛肉を買って、カレーライス。 具をつまみに、レモン入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 主人公は、阿部サダヲ演じる、徳川家康。 柴咲コウの直虎は、今や脇役。

 

NHK、サンデースポーツ。 大相撲九州場所で優勝した、白鵬が生出演。 日馬富士問題を吹き飛ばす、しっかりした稀代の名横綱。

 

TBS「情熱大陸」で、モデル兼俳優の、菜々緒を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:49
-, -, - -
第156回 秋・天皇賞

10月28日(土)

 

朝、9時起床。 窓外は曇天。 トマトジュースと青汁二袋。 雨が降る前に、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 

 

市場前は、鷹と野鳥を集めて、ハロウィンの格好をした親子連れ。 市場で、酵母パンと野菜などを購入。 レジの「お姉さん」も、あまり似合っていないが、ハロウィンもどきの格好。 川縁を散歩するも、増水した、水の流れ早く、魚影は見えず。

 

ピザパンと、焼いた酵母パンにレーズンバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 あと少しで読み終える、アドルフ・ヒットラーの『わが闘争 上』(角川文庫)。 全く面白くない。

 

土曜競馬。 新潟を除いて、雨で重馬場。 2頭軸の一頭は3着以内に来るが、もう一頭が、しかも人気馬が飛んで、高配当を逃しまくる。 意を決めて、種牡馬辞典に重の鬼と書いてある、超人気薄馬の複勝を買う。 見事逃げ残り、複勝1400円をゲット。 しかし、3連単は30万円超で、心境は複雑。 若干のマイナス収支で終える。

 

明日の、第156回、秋・天皇賞の検討。 重馬場必至で難しいが、外国人騎手に期待して、1枠2番、M・デムーロ騎乗の、サトノクラウンと2枠4番、ジェミノー騎乗の、リアルスティールの2頭軸で、勝負する予定だが、当日のパドックを見て最終判断を下す。

 

朝日新聞の朝刊に、ヘイトツィートに対する、ツイッター社ジャパンの、歯切れの悪い、批判的な記事が載っている。 先月8日、京橋にあるツイッター社日本法人の前で抗議行動をしたが、その直後ツイッター社が行ったのは、森友学園問題で、籠池氏とともに安倍首相と妻・昭恵氏を徹底批判し、6万を超えるフォロワーがいた、菅野完氏のツイッターのアカウントを凍結。 

 

さらに、他のヘイトカウンターメンバーのアカウントも凍結されている。 ツイッター社日本法人の役員の中に、ネット右翼がいるという話も耳にしている。 事実関係を明らかにすべきだろう。

 

隣の精肉店で、ローストンカツとメンチカツ+コロッケを仕入れ、千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、BSプレミアムで、「秘境中国 謎の民」を見る。 天頂に生きる、中国5000年の歴史が、暮らしの中にある。 約1時間遅れで、TBS、タケシのニュースキャスター。 スペイン・カタルーニャの独立騒動。 どうしても、バスク問題に対する態度とイタリア・北部同盟的思想内容が気にかかる。

 

最後まで見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 11:24
-, -, - -
第22回、G機秋華賞

10月14日(土)

 

朝、8時起床。 寒い朝! 「わろてんか」、朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

雨が止んだ頃合いを見て、産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で、有機酵母パンとさつま揚げなどを購入して、冷え冷えとした川縁を散歩。 水濁り、シロサギ以外見当たらず。

 

豚まんを蒸して、酵母パンにバターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

朝日新聞の総選挙予想は、与党で300議席突破、希望と維新は失速し、立憲民主党健闘という内容。 かつての野田と同様、民進党代表・前原はA級戦犯。 

 

土曜競馬も、重馬場で今一つ気が乗らない。 若干の目減りで終了。 夕方、酒屋で焼酎を仕入れ、帰りにクリーニング店で、洗濯物を受け取る。 400M先にある、ローソンでサンスポの、ZBAT競馬データーをプリントアウト。 セブンイレブンで、生活用品の補充と、何かと忙しい。

 

隣の精肉店で、予約しておいた揚げたての、ローストンカツ、メンチカツ、コロッケを受け取り、千切りキャベツを添えて、夕食。 梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 

 

グリーチャンネルで、明日のG機秋華賞とWIN5の検討。 調教を見る限り、人気2頭、1枠1番・アエロリットと4枠7番・リスグラシューの2頭は固いと思うが、前売り単勝オッズは、上位6頭が一桁台と大混戦。 後は騎手の技量を信頼して、デ・ムーロとルメールを買っておけば何とかなる。

 

10時から、TBSでタケシのニュースキャスター。 NHK・Eテレで、ETV特集、「新大久保図書館長の挑戦」。 多文化共生に向けた、地道な取り組みに、本物を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 11:31
-, -, - -
貧すれば鈍する、三連休最終日

10月9日(月)

 

朝、8時起床。 「わろてんか」、朝の部。 今日から、ヒロイン、葵わかなが登場。 有機人参ジュースと青汁二袋。 祝日“体育の日”にふさわしい、雲一つない夏空に、布団干し。

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 川は、マガモとシロサギが小魚をついばむ姿だけ。 短パンにアロハシャツだが、汗ばむ陽気。

 

焼いた酵母パンに、自家製ブルーベリージャムを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 ビデオに録っていた、NHK、スクープドキュメント「沖縄と核」。 

 

1950年代、冷戦構造が深まる中、米軍占領下の沖縄は世界最大の核貯蔵庫だったことが実証的に明らかにされる。 犹たず、作らず、持ち込まず“は、真っ赤なウソ。 沖縄に核兵器を置くことを黙認したのは、安倍晋三の祖父・岸信介。 再放送されると思うので、是非見てほしいドキュメンタリー。

 

一息入れて、中央競馬。 WIN5は初戦敗退。 3勝2敗だったが、5600万円馬券には、手も足も出ない。 淀のメイン、京都大賞典を的中させ、勢いに乗るかと思ったが、東京の最終レースを、痛恨の抜け目を喰らい、意気消沈。 

 

まだ盛岡のG機ζ酩盃があると気を取り直して、三連複を打ち込むも、締め切り時間が過ぎていて買えず。 こんな時に限って、三連複が5点買いで的中しており、かなりの払い戻しだった。 貧すれば鈍する、三連休最終日を飾れず、打ちひしがれる。 「ひよっこ」、総集編後半を見て、荒んだ心を癒す。

 

早め5時半に夕食。 茄子の味噌炒めとネギヌタ、そして鶏肉の田舎煮で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 転寝1時間。 起きてもまだ8時。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 総選挙関連報道は少なく、北朝鮮の弾道ミサイルとアラートの話。 NHKは、余程選挙の話に触れたくないらしい。 LIFE、特番。 

 

TBS、ニュース23で、8党・党首討論の生放送。 「モリ・カケ問題」に対する、安倍の子供のような言い訳。 それをフォローする、「日本のこころ」・中野の醜悪な姿。 途中で見るのをやめて、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:35
-, -, - -
ダービー敗戦記

5月28日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 安倍首相が関与したことが明らかな、「加計学園」疑獄事件について、徹底批判。 今これだけの番組を放送できるのは、TBSだけだ。

 

朝日新聞朝刊の、「天声人語」が評論家・大宅壮一の造語を取り上げ、「一億総白痴化」を挙げている。 これで二度目である。 そのうち徹底的に糾弾される日が来る。 

 

 産地直産市場前の湧き水汲み、今回は4ℓボトル一本のみ。 新鮮野菜とトマト、人参ジュースなどを購入。 川縁では、家族連れがバーベキューで賑わっている。 ラテン系の家族の姿も。

 

酵母パンを焼き、バターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 満を持して中央競馬。 晴天に恵まれた府中の杜に、徹夜組4000人も含め、12万人近くが、ダービー観戦に来ているという。 

 

しかし、そのダービーは超スローペースで、風を読める騎手の力量がものを言った。 9レース、同じ2400Mの青嵐賞の優勝タイムは、2分23秒8、それに対して、ダービーの勝ちタイムは、2分26秒9で、3秒1も遅い。  勝ったルメール騎手は、1000mを超えたところでスパートし、先頭集団にとりつき、そのまま押し切った。 騎手の技量が優れている。 

 

こんなスローペースで、後方待機では、サトノアーサーの末脚は生きない。 3着に来た、デムーロ騎乗の1番人気馬・アドミラブルも向こう正面で中団前まで押し上げていた。 外国人騎手の身体時計は正確だ。 

 

相撲と違って、外国人騎手が優勝しても、排外主義的な言動はなく、称賛の拍手のみ。 レース自体は、陸上日本選手権5000mの優勝タイムが、インターハイの5000mの優勝タイムより30秒も遅かったというような、凡レース。

 

打ちひしがれて、筋力トレーニングとストレッチ、1時間。 大汗を風呂で流して、気分転換。 春菊の胡麻和え、きゅりと鶏肉の胡麻和え+千切りキャベツを添えた、豚ロースの照り焼きで、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。

 

NHK、大河ドラマ、「おんな城主 直虎」。 ただ惰性で、柴咲コウを見ているだけ。 サタデースポーツ。 大相撲で全勝優勝した、横綱・白鵬。 千秋楽の、横綱の日馬富士との大一番は、これぞ大相撲という見事な内容。 作られた“日本出身力士”稀勢の里は哀れだ。

 

フジ、Mr、サンデー。 「加計学園」疑惑。 ゲストコメンテータ・青木理氏に突っ込みを許さない、無様で不可解な内容。 

 

TBS「情熱大陸」で、ボクサー「村田諒太」を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:55
-, -, - -
ダービー前夜

5月27日(土)

 

朝、8時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。  9時半に、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 水の勢いが良く、すぐに満杯。 

 

酵母パンを作っている女性に会う。 いろいろ六個ほど買う。 ヨモギパンがないことを聞くと、あんこを作り忘れたという。 なんか、面白いパン職人。 11時半には、すべて売り切れる人気パン。

 

川は、水草に覆われ川面が見えず。 橋の上から、大型鯉を見る。 跳びはねて、雨で水嵩の増した川を歓迎している様子がうかがえる。 陽射しが強く、汗をかく。 

 

ピザパンと豚まんを、淹れたてコーヒーで、昼食。 中央競馬、とくに府中・東京競馬場の芝レースを見る。 なんと大外8枠が大活躍。 ということで、無視を決め込んでいた、8枠18番・デムーロ騎乗の、アドミラブルをサトノアーサーの対抗に指名する。

 

3連単、三連複の軸馬は、3枠6番・サトノアーサーで不動。 前売りで、5番人気に支持されているが、一番人気が4倍という、大混戦ダービー。 

 

夕方、短パン、半袖でランニング4Km。 大汗を風呂で流して、極楽。 隣の精肉店で、熱々のローストンカツとメンチカツ、コロッケを仕入れ、トマトと千切りキャベツで、柚子入り焼酎の水割り三杯で、夕食。

 

TBS、報道特集で、「加計学園」疑惑追及。 安倍政権打倒あるのみ! グリーンチャンネルで、拡大ダービー特集。 予想屋の皆さんも、混戦ダービーに興奮している。 

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 「加計学園」疑惑問題での、文科省前事務次官発言、期待したほどの突っ込み取材はなかった。

 

「ひょっこ」、夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:06
-, -, - -
ダービーまであと二日、本命はサトノアーサー

5月26日(金)

 

朝、10時起床。 顔を洗って、有機人参ジュースと青汁二袋。 そぼ降る雨の中、バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

予約時間に15分遅れて、神保町クリニックの皮膚科。 帯状疱疹は、90%近く治っているが、あと一月薬を飲みながら、様子を見ましょうと、美しい医者に言われる。 その足で、4Fの内科に寄って常備薬を処方してもらう。 来月早々、恐怖の内視鏡検査〈胃カメラ〉をすると伝えられる。

 

薬剤師のところが混んでおり、薬をもらうまで時間がかかり、1時に事務所入り。 焼き豚入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は、一面トップで「加計学園」疑惑報道。 社説でも取り上げている。 前川前文科省事務次官は、証人喚問に「呼ばれればゆく」と腹が座っている。 これで、安倍政権を打倒できないようなら、世も末だ。 目立つのは、野党の体たらく。

 

スポーツ報知とサンケイスポーツの、ダービー特集を読んでいるところへ、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、枠順決定を受けての予想談義。 3枠6番・サトノアーサーで勝負に出ることで、一致する。 対抗は、2枠4番・スワーヴリチャード、3枠5番・の逃げ馬、クリンチャー、4枠7番・アルアイン、そしてルメール騎乗の、6枠12番・レイデオロ。

 

馬友との、長話を終えて、溜まっている資料読み。 7時まで読んで、本日打ち止め。 直行電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。

 

5割引きの刺身5点盛りとヒラメ+豚肉入り自家製焼きそばで、梅干し焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 「加計学園」疑惑は小さな扱い。 テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次がいない金曜日は、見る気がする。

 

朝日新聞夕刊二面、「やんばるの森」。 いい連載だと思う。 しかし、今日の「対ゲリラ戦における南ベトナム現地部落民の・・・」の、「部落民」にわざわざ「ママ」つけている。 これだけで、朝日新聞の差別語と差別表現に対する理解の程度が分かる。 遠藤周作の“沈黙”を読めとだけ言っておきたい。

 

BSで、「ひょっこ」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:46
-, -, - -