RSS | ATOM | SEARCH
第78回オークス(G)

5月20日(土)

 

朝、9時起床。 真夏の晴天に、久しぶりに布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 有機酵母パンを購入するため、産地直産市場前の湧き水汲みを、9時半に決行。 

 

4ℓボトル×2本。 有機酵母パン複数と肉まんなどを買って、川縁を散歩。 あまりの暑さに大型鯉も元気がない。 酸欠なのか水面に口を空け、パクパク酸素吸入。

 

午睡1時間。 明日のオークスを見据え、中央競馬。 固いレースが続き、的中率は高いが、回収率は悪い。 若干のマイナス収支で終了。

 

川沿いのコースを、ランニング4Km。 腹式呼吸法を続けているおかげで、息は持つが足ががたがたで、固まる。 柔軟体操をゆっくり、かつじっくり行い、大汗を風呂で流し、極楽!

 

隣の精肉店で仕入れた、ロース豚カツとメンチカツ+コロッケにレタスとトマトを添えて、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

共謀罪を、衆議院法務委員会で強行採決したことを、サンケイスポーツも朝日新聞も、大きく報道しているが、安倍・反知性主義政権はメディアを一顧だにしていない。 恥を知らない安倍政権は、異常というしかない。

 

気を取り直して、明日のG機Εークスの検討。 世界のフランケルの最優良馬、1枠2番・ソールスターリングが、桜花賞の雪辱を果たすだろう。 調教からも太鼓判を押せる。 その調教で、一番動きが良かったのが、人気はないが、7枠15番・ヤマカツグレース。 明日はこの二頭を軸に、三連複で大勝負する予定。 穴馬は、2枠4番・ミスパンテール、4枠8番・ホウオウパフューム、そして最大の穴馬は、5枠10番・ブラックビーチ。

 

NHK、サタデー―スポーツ。村田のボクシングを、明日と勘違いして、見逃す。  TBS、タケシのニュースキャスター。 「加計学園」問題をきちんと報道するも、コメントはなし。 

 

マッコデラックスが出ている番組を少し見て、12時に就寝。 

author:小林 健治, category:競馬, 09:07
-, -, - -
天皇賞、キタサンブラックが圧勝!

4月30日(日)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 無農薬野菜などを買って、川縁を散歩。 数組の、若い家族連れがバーベキューパーティーなどをしている、のどかな風景。

 

自家製焼き豚入りラーメンで、昼食。 

 

中央競馬は、WIN5を買うも、2勝3敗で敗退。 注目の天皇賞は、北島サブちゃんの、キタサンブラックが圧勝。レコードのオマケつき。 今年の古馬戦線はこの馬の独壇場になるだろう。 凱旋門賞に挑戦してもらいたい。 

 

しかし、馬券は買わなかったが、競馬史に残る素晴らしいレースだった。 ちなみに、孫娘に頼まれ買った、単勝とワイドは的中し、360円の払い戻し。

 

夕方、友から電話で、新宿に来てほしいとのこと。 シャワーを浴びて、6時半に新宿某所。 大型連休とあって、新宿はいつにもまして大賑わい。 人ごみに圧倒される。 

 

待ち合わせの居酒屋も超満員。 早稲田の学生だという、サークルのメンバーの、礼儀正しい飲み方に感心する。

 

12時にお開きにして、帰宅。 作ってあった、肉ジャガで、吟醸酒一合飲んで、2時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 11:33
-, -, - -
第155回・天皇賞(G)

4月29日(土)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

産地直産市場前の、湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 天然酵母の、クルミレーズンパンとグラハムパン、そして生産者名前入りキャベツなど、新鮮野菜を買い、筋トレを兼ねて、川縁を散歩。 川面は桜の花びらが朽ち、水濁り魚影は薄いが、親子連れが小魚取り。

 

一個だけ残っていた、肉まんとヨモギアンパンを、淹れたてコーヒーで、昼食。 午睡1時間。

 

直産市場で、某民放のニュースキャスターを長く務めている、女性を見かけた。 目元とさりげない振る舞いで分かったが、スッピンでも爽やか。

 

中央競馬。 晴天が急転して強風と大粒の雨。 窓の外を見れば、曇天を背景に見事な虹が架かっていた。 テレビ画面にも、府中競馬場から見た同じ虹が映し出されている。 そしてまた一転、光輝く晴天に劇的に変化。 

 

競馬は、虹が架かった、府中の最終レースに光明が差し、「ウサギノカケハシ」が爆走し、大幅プラスで終了。 明日のWIN5の軍資金確保。

 

天皇賞は、馬主がサブちゃんで、鞍上が武豊の、2枠3番・キタサンブラックとルメール騎乗の、8枠15番・サトノダイヤモンド、両頭が抜けている。 神保町の馬友と同じく、観戦するだけにし、WIN5は2頭買い。

 

夕方、気分爽快で、西方が黄金色に輝く中、ランニング4Km。 体調が十分ではないので、無理せずジョギング並み。 大汗を風呂で流して、極楽。

 

7時に、隣の精肉店に予約しておいた、揚げたてのローストンカツとメンチカツに、千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHKスペシャル、「象徴天皇」。大御心を“忖度”できない、出席メンバーを見て、すぐチャンネルを変える。 NHKの改革は、遅々として進んでいない。 

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。  スポーツニュースを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:00
-, -, - -
桜花賞、桜散る

4月9日(日)

 

朝、8時起床。 桜満開だというのに、無粋な雨。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

TBS、サンデーモーニング。 トランプ米大統領による、道理なきシリア政府軍基地周辺ミサイル攻撃について。 国際法を無視した、かってのイラク攻撃と同じ、単独行動主義(ユニラテラリズム)で、正当性はない。  朝令暮改の、気まぐれトランプの拙速な行為は、国際政治混乱の大きな要因。

 

部屋の掃除と片付けをして、焼き豚入り自家製ラーメンで、昼食。 中央競馬、桜花賞の最終検討し、3連単マルチで勝負。 

 

前走チューリップ賞1着の、圧倒的一番人気馬、ソウルスターリング+もう一頭の軸馬を、2着のミスパンテールか3着の、武豊騎乗のリスグラシューにするかで迷い、結果3連単高配当を逃す。 

 

雨上がりに、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 野菜などを買い、川縁を散歩。 桜の花は雨にも負けず、咲き誇っている。 今日花見を予定してた人には気の毒だが、夕方の桜も情緒があり、美しい。

 

豚足と自家製チヂミで、夕食。 アルコールなし、三日目。 NHK、大河ドラマ「おんな城主直虎」。 柴咲コウを見るだけ。 整髪し風呂に入り、スポーツニュースを見て、早め11時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 07:49
-, -, - -
ドバイ・ワールドカップ

3月25日(土)

 

朝、8時半起床。 痛痒もなく熟睡。 布団干しをするほどの天気ではない。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 パンと、土曜日の午前中にしか手に入らない特製豚まん、生産者の名前入りのキャベツなど、新鮮野菜を買い、川縁を散歩。 

 

マガモとシロサギが二羽、大型鯉は二つの軍団に分かれて、遊泳。 小学校に上がる前の子供たちで賑やか。 桜は、すでに蕾がはじけている枝もあり、来週末が花見頃。

 

豚まんを蒸して、淹れたてコーヒーで、昼食。 「べっぴんさん」、昼の部を見て、中央競馬。 JRA・VANに、そのために入会し登録したマル秘馬が激走。 しかし、三連複の軸馬を間違え高配当を逃し、歯軋り。 

 

もう一頭いたマル秘馬、その名も“ショウナンカイドウ”は、二頭軸に懲りて、複勝で勝負し見事的中するも、3連単・50万円超えの配当を見て複雑な心境。 若干のマイナス収支で、終了。 

 

隣の精肉店で、ローストンカツとメンチカツを仕入れ、千切りキャベツで、梅干し入り焼酎のお湯割りと水割り、各一杯の夕食。

 

明日中京競馬場で行われる、G機高松宮記念の検討。 調教は、さすがにG汽譟璽垢世韻△辰董各馬抜かりない。 中心は、一番人気でも、デムーロ騎乗の、4枠7番・レッドファルクス。 相手は人気薄の8歳馬、1枠2番・フィエロと7枠15番・ヒルノデイバローなど幅広く。 とにかく荒れるレースになりそう。

 

少し寝て、12時に起き、ドバイ・ワールドカップ。 馬券も買えるが、今世紀最大の怪物馬と言われる、アメリカのアロゲートの走りを見る。 日本からも大井大賞典やG機Ε侫Д屮薀蝓治咾鮠,辰榛廼馬が出走している。 100年に一度といわれる、アロゲートの激走を見て、2時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:49
-, -, - -
G機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽ス

2月18日(土)

 

朝、8時半起床。 薄日が差し込み、まだ寒くない。 寝具を干して、有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 20日オープンに備え、産地直産市場が仮店舗を閉鎖しており、人参ジュースも野菜も買えず。 

 

川は、水量が少なく、美味しそうなマガモが10匹ほどと、白サギが少々で、大型鯉の魚影が薄い。 隣の精肉店で仕入れた、焼き豚入りの自家製ラーメンで、昼食。 

 

作曲家、船村徹さんの死を悼む記事に、朝日新聞もサンスポも大きな誌面を割いている。 じっくり、サブちゃんの“なみだ船”とひばりさんの、“哀愁波止場”を聴きたい。 NHKには特番を3時間組んで、放送してもらいたい。

 

中央競馬を少し見て、今年最初のG機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽スの検討。 調教からの一押しは、昨年の覇者・3枠6番のモーニンだが、心に決めていた5枠10番・カフジテイク(なんと前売り1番人気!)を軸にして、三連複で勝負したい。 

 

後は、1枠1番・サウンドツゥルーと6枠11番・ノンコノユメ。穴馬は、7枠13番・エイシンバッケン。 単複で勝負するなら、5枠9番・ベストウォーリア。 

 

ノンコノユメは、昨年まで意中の馬だったが、7か月前去勢してから戦績が冴えない。 だが、去勢した馬は麻酔の影響がなくなる半年後に復活するという。 ベストの東京ダート1600mで、自慢の末脚が炸裂するかもしれない。 いずれにしても近年まれにみる混戦。

 

6時半に夕食。 隣の精肉店で、揚げたてのローストンカツとメンチカツを皿に盛ってもらい、キャベツがないので、残り物のレタスの百切りを添えて、柚子入り焼酎のお湯割り二杯で締める。

 

TBSで、タケシのニュースキャスターを見て、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:51
-, -, - -
大井・東京大賞典

12月29日(木)

 

朝、9時起床。 カーテンを“暗幕”に替えてから、朝方の眠りが深くなる。 有機人参ジュースと青汁二袋。  シャワーを浴び、沖縄・高江行った時の勝負衣装で、いざ出陣。 

 

バスに乗って、駅。 準特急で新宿〜山手線・品川〜京浜急行・立会川で降りて、徒歩10分で、11時に大井競馬場。

 

特別指定席・ダイヤモンドターンの、食べ放題の野菜サラダなどを、大盛り食し、身体を整える。 指定席のテーブルナンバーが、「N1」だと気づき、気合が入る。 

 

11時段階で、ほぼ7割がた埋まっている人気のブースだが、隣の4人席の兄ちゃん達が、朝からビールの大ジョッキをぐいぐい空け、大声で思い出の競馬話をしているのには、かなり閉口する。

 

12時過ぎには、白金の“カフェカルヴァ”の競馬同好会の面々・5人も結集して、10年以上続いている、年末大井・東京大賞典懇親会。 

 

相変わらず、隣の4人組は喧しいが、競馬ヒストリーの、薀蓄内容は筋が通っており、声のでかい競馬“オタク”らしい。

 

メインレース・東京大賞典を迎えた時には、若干のプラス。 だが、400万円馬券とか、超高配当が続出し手に負えない。 

 

気温5度のしびれる寒さの中、パドックで、東京大賞典出走馬の、歩様と毛艶を見る。 確信を持って、昨日の予想通り、三連単、一着二着固定で、特券を買うも、一抹の不安がよぎり、気合充実のアポロケンタッキーから、少額のマルチ買い。 その、大井出身の内田博幸騎手騎乗の、アポロケンタッキーが、一着。 アポロに救われ的中し、ワイン一本分のリターン。 

 

隣のうるさい四人組は、東京大賞典まで、一切馬券を買わず飲むだけだったが、大賞典は大声で検討していた。 しかし、一人は締め切り時間に間に合わず、馬券購入できなかったと嘆いていて、お笑い。 大井競馬場は、居酒屋ではない!

 

とにかく、なんとかプラス収支で終え、無料バスに乗り、同好会のIさんと、白金の“利庵”で、年越しそば。 凍てつく寒さの中、“カフェカルヴァ”に寄り、常連達と会話して、9時半に店を辞し、マンションで段取りをして、JR恵比寿駅。 新宿駅で特急電車に乗り換えて、駅。 女性運転手の小田急バスに乗って、10時半に帰宅。

 

飲み足りず、柚子入り焼酎のお湯割りを、一合飲んで、12時半に就寝。 明日は、大掃除の予定。

author:小林 健治, category:競馬, 10:42
-, -, - -
今年の有馬記念馬は=サトノダイヤモンド!

12月14日(土)

 

朝、8時半起床。 雲一つない晴天の、クリスマス・イブ。 有機人参ジュースと青汁二袋。 布団を干して、昨日より7〜8度低温の中、湧き水汲み4ℓボトル×1本。 

 

市場で、醤油と異常高値のトマトを買い、川縁を散歩。 一夜にして澄みきった川面を、白い鯉集団と大型鯉が別々に行動。 美味しそうなマガモの親子とサギ一羽。

 

昨夜の、カレーにパンで、安上がりの昼食。 「べっぴんさん」、昼の部。 イブにちなんで靴職人役の市村正親が、劇中で“ホワイトクリスマス”を、静粛に英語で歌う。 全く、歌い手と雰囲気が一致していないと思ったが、結構上手。 さすが、役者!

 

明日の中央競馬、暮れの風物詩・有馬記念の調教ビデオを見るも、なんと、この暖かさで靄でかすみ、一切見えず。 昨年は、人気はなかったが調教を見て、ゴールドアクターを指名したのだが、今回は文字通り五里霧中!

 

1番人気は、武豊が騎乗する北島三郎オーナーの、キタサンブラックだと思うが、あらゆる角度から検討して、本命はルメール騎乗の3歳馬、6枠11番・サトノダイヤモンド。 決断させたのは、他の牡馬より、55Kg軽い斤量。

 

対抗は、昨年の覇者、1枠2番・ゴールドアクター。 そして、M・デムーロ騎乗の3枠6番・サウンドオブアース。 穴馬は、4枠8番・ミッキークィーン、大外8枠16番・マリアライトの牝馬2頭と、7枠14番・シュヴァルグラン。

 

TBS報道特集で、沖縄・高江の闘い。 6時半に、近所の焼き鳥屋に行って、5種×2本買って、新鮮キャベツの百切りを添え、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

7時半から、グリーンチャンネルの、有馬記念2時間特別スペシャル。 本命・サトノダイヤモンドの意志は揺るがず。 小四の孫娘から、有馬記念を買ってほしいとの電話。 1番、8番、11番。 牝馬ミッキークィーンを指名したところは、なかなかのものと感心。

 

年賀状のコメントを、12時半まで書いて、1時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:30
-, -, - -
G機Ε泪ぅ襯船礇鵐團ンシップ、完勝!

11月20日(日)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースのみ一杯。 晴天に布団干し。

 

TBS、サンデーモーニング。 青木理さんが出演。 朴大統領の退陣に揺れる韓国の政治情勢について、韓国は80年代後半、デモと大衆運動に依って民主化を勝ち取ってきた歴史があると、冷静に指摘。 それに比して日本の民主化は、アメリカ占領軍=“解放軍”に依って、外部から「強制的」にもたらされた。 

 

爽やかな小春日和の陽を受けて、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2個。 急な川の流れに乗って、美味しそうなマガモが数羽、望遠レンズで狙いを定めたアマチュアカメラマンの、おじさん。 さすが大型鯉は、逆流を上って泳いでいる。

 

やっと夏物と冬物の衣料の入れ替えを行う。 しかし今年は秋がなかった。 自家製焼き豚入りラーメンで、昼食。

 

明日の、お別れ会に着てゆく、濃紺の背広を虫干し。 久しく背広を着ていないが、10着近くなかなかのブランド物がある。 

 

じっくりと、中央競馬G機Ε泪ぅ襯船礇鵐團ンシップの、検討。 昨日から予想は揺るがない。 結果は、久々の本線大的中で、溜飲が下がる。 

 

G汽譟璽垢蓮外国人騎手の手綱さばきが光る。 今回は、浜中騎手がミッキーアイルで逃げ切ったが、最後の直線でヨレ、審議となる。 一瞬ヒヤッとしたが、降着・失格はなくホッとする。 浜中騎手には、23日間の騎乗停止処分が科された。 2着〜3着は、ルメールとムーア騎手。

 

近所の酒屋で、焼酎と米を仕入れ、隣の精肉店で、ローストンカツとメンチカツを買い、昨日の鍋に、がんもどきと白菜を追加し、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHKで、「真田丸」。 戦のシーン以外は、面白い。 録画していた、「いのちをいただく」仕事、屠場労働の社会的意義について、優しい話。 小学生に話す取り組みは、本当に大切な啓発活動。 熊本県民テレビ制作。 熊本には、仕事とプライベートを含め、人生で100回近く訪れているが、いつも食すのは、馬肉だった。

 

フジTVで、Mrサンデー。 韓国朴大統領批判ニュースを30分。 ソウルの抗議デモ参加者を、60万人と主催者発表の人数で報道。 永田町の官邸前抗議集会の参加者も、主催者発表数字でお願いしたい。

 

G鞠老的中で、気分良く、12時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:02
-, -, - -
凱旋門賞

10月2日(日)

 

朝、9時起床。 昨日から、10月・神無月。 有機人参ジュースと青汁二袋。 雲一つない晴天下、久しぶりに寝具干し。

 

産地直産市場前の湧水汲み、4ℓボトル×2個。 川縁では、釣りを楽しむ親子連れが数組。 川面にはマガモが泳いでいて、絵になる風景。 

 

焼き豚入り自家製ラーメンで、昼食。 午睡の後、再び産地直産市場前で、湧き水4ℓボトル1個。 有機人参ジュースと新鮮野菜などを購入。

 

気温は30度近いが、汗はさほどかかない。 道端に咲いている紫の花に、色鮮やかなミツバチより一回り大きい虫が蜜を吸って飛んでいる、結構のどかな雰囲気。 

 

中央競馬、秋G戯能蕕離譟璽后▲好廛螢鵐拭璽坤好董璽スに挑むも、完敗。 単勝1・9倍の人気馬がコケたのでは、シャレにならない。 

 

6時半に夕食。 隣の精肉店で、予約した揚げたてのローストンカツとメンチカツで、新鮮しゃきしゃきキャベツの千切りを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 

 

NHK大河ドラマ、「真田丸」。 なかなか面白い、現代風時代劇、主人公・堺雅人の演技に尽きる。 『週刊新潮』を読んで、11時に凱旋門賞。 昼間の負けを取り戻す予定が、傷口を広げる結果になる。 

 

日本期待の今年のダービー馬・マカヒキは最後の直線入ったところで、脚色が鈍りズルズル後退。 日本中央競馬の悲願達成ならず。 12時過ぎに就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:04
-, -, - -