RSS | ATOM | SEARCH
東海大付属校の厄日

7月29日(土)

 

朝、8時起床。 何度も咳込んで、夜中に目が覚めたが、荒療治のおかげで、熱は下がった。 晴れている間に、布団干し。

 

「ひょっこ」、朝の部。 失跡していた父親を巡る、ドラマチックな展開に、視聴率がアップすること間違いない。

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 先客もいたが、水量の勢いが凄く、4ℓボトルが一杯になるのに、10秒もかからない。 市場で、いつもの酵母パンとさつま揚げなどを買って、腕の筋トレをしながら、川縁を散歩。 大型鯉が元気に泳ぎ回っている。

 

豚まんを淹れたてコーヒーで、昼食。 午睡を挟んで、分厚い歴史書を読み進める。 窓外は、にわかに暗天し、土砂降りの雨になる。 夕立かと思っていたが、降りっぱなし。

 

夕方、隣の精肉店で仕入れた、ローストンカツとメンチカツで、梅干し焼酎のお湯割り二杯の夕食。 

 

NHKで、巨人対DeNA戦。 菅野のキレのある投球で、危なげない勝利。 菅野の母校・東海大相模も決勝で横浜高に敗れ、息子の東海大高輪台も悲願達成できず、今日は東海大付属校の厄日。

 

神保町の紙屋の馬友が、次走は爆走すると、狙いを付けていた、極秘エニグマ馬が、明日新潟の3歳未勝利戦に、2か月半ぶりに出走してきた。 一攫千金を夢見る。

 

チェアーマッサージを受けながら、TBSで、タケシのニュースキャスター。 政治家・国会議員の知性と品性の劣化が、著しい。 

 

NHKで、久しぶりに“世界入りにくい居酒屋”イタリア編を見て、12時に就寝。 

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:41
-, -, - -
巨人、13連敗!!

6月8日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温21度の霧雨のなか、半袖で歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

雨が降ったと思えば、晴れ渡ったりと、入梅当初の不安定な空模様。 新聞三紙を読む。 スポーツ新聞二紙は、巨人の、球団史上最悪の12連敗を、一面で大きく扱っている。 スポーツ報知は、見るに、読むに忍びなく、紙面から悲鳴が聞こえてくる。

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 午睡30分。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 出たばかりに隔月刊の競馬雑誌に載っている、重要な資料をコピーさせてもらう。 

 

この間溜まっていた、新聞の切り抜きの資料などを読み漁り、ネット情報も遡って覗く。 今日届いた、『週刊新潮』を読む。 

 

五木寛之さんが、コラムで、「『士農工商構成作家』などという差別的な表現に涙をのんで耐えた時代である」と、その当時の、放送作家と構成作家の違いを、五木さんらしい表現で述懐している。 しかし、同じ表現は、半年前にもこのコラムで使っている。 大丈夫かな、と心配する。

 

6時半に、文藝春秋社の、小奇麗かつ若作りの、K女性編集者が、小用で神保町まで来たついでに寄ってくれ、近場の開店したばかりの居酒屋で、開店特別価格の、一杯50円のハイボールを10杯以上飲みながら、談笑。  

 

安倍政権のスキャンダルから、TBSの元社員・山口敬之による、レイプ事件まで、幅広くワイドショートークを楽しむ。 明日の朝が早いという、K嬢と別れ、おとなしく鈍行〜準特急で、駅。 

 

割増料金のバスに乗って、11時過ぎに帰宅。 民放各社の、ニュース&スポーツ。 我が、「読売」巨人軍、13連敗を知る。 岡山弁でいうと、「こりゃーもお、いけまー」というしかない。

 

「鶴瓶の家族に乾杯」の再放送を見て、2時に就寝。 しかし、巨人は大丈夫かと、寝つきが悪い。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:20
-, -, - -
巨人、史上最悪の12連敗

6月7日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温23度の曇天下、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。 昨夜に引き続き、事故があったとのことで、不規則運転。 

 

新聞三紙を読む。「森友学園」「加計学園」、そして共謀罪で、安倍内閣が倒れる日も近い。 サンスポと違い、スポーツ報知は、記者総動員で、11連敗の巨人を励ましているが、紙面が湿っている。

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 2時過ぎに、今月末発刊予定の、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』の著者、竹中功さんが来られ、最終著者校正のゲラを前に、意見交換しながら、転記作業。

 

さらに、具体的なプロモーションと販売戦略の打ち合わせ。 だんだん気合が入ってくるのを感じる。 6時前に、南麻布に行くという竹中さんを見送り、直後に、大阪の大型書店の知り合いに電話して、協力をお願いする。 

 

6時半に、事務所を退出。 鈍行〜特急で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 5割引きの刺身と中華総菜3種で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

BSジャパンで、巨人vs西武戦。 巨人軍、“投壊打低”で、見るに忍ばず。 ベンチにも、選手にも、覇気も、精気も、元気もない。 監督に休養してもらうしかないと思う。

 

42年前の1975年、長島監督就任初年度の11連敗。 そして、セ・リーグ最下位。 うちの満州帰りのお母んでさえ、「長島のいない巨人を率いる長島監督は辛いわのー」と、言っていたのを思い出した。 当時は、毎年最下位・広島カープファンの気持ちがよく分かったと、少しは精神的にも余裕があった。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 全く、政治的にも社会的にも、何の意味もない、45年前の中核派のメンバーの逮捕劇を、長々と取り上げる。 9時半までに、共謀罪も「加計学園」疑惑も一切報道なし。

 

9時半に、日テレで、「今夜くらべてみました」。 華原朋美・42歳、いい味が出ている。 テレ朝、報道ステーション。 安倍首相に絡む、疑惑事件の追及。 後藤謙次のコメントがなかった分だけ、評価できる。 イランでの、IS(イスラム国)のテロ。 スンニ派とシーア派の違いをきちんと説明しないと、視聴者には伝わらない。

 

TBS、ニュース23〜フジ、ユアタイムを見て、NHK Eテレで、「彫刻家 金城実」。 沖縄の魂を表現する、圧巻の彫刻。 1時過ぎに就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:17
-, -, - -
巨人vs阪神戦

5月9日(火)

 

朝、8時半起床。 寝苦しい夜で、睡眠不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、バスで駅。 快速電車〜準特急〜区間急行と乗り継いで、10時半に神保町。

 

6月末刊行予定の原稿に、朱入れと削除。 A4コピー用紙で20枚分削る作業は、なかなか大変。 「ひょっこ」、昼の部を見ながら、ツナサラダとざる蕎麦で、昼食。 

 

1時半にデザイナーの、Hさんが来て打ち合わせ。 書店販売関係の手筈も整える。 引き続き、6時まで原稿と格闘しながら、朱入れ、削減作業。 

 

6時に、後楽園の東京ドームで行われる、巨人vs阪神戦。 巨人の先発は、ミスター菅野。 セリーグは現在、阪神がトップという怪奇現象に襲われている。 

 

今日は大差で阪神を下し、球界を悪夢から目覚めさせ、超常現象に終止符を打つべく、巨人に念力を送る。 が、初回から菅野が乱調。

 

例のごとく、ペットボトルに芋焼酎を忍ばせ、頼んだ生ビールを飲み干したカップに、炭酸水入りペットボトルと焼酎を混ぜ、コンビニのつまみで、柚子入り焼酎でをあおりながらの応援。 虎にとり憑かれた摩訶不思議なゲーム展開で、8時半過ぎに試合終了。 

 

地下鉄を乗り継いで、駅。 バスに乗り10時に帰宅。 テレ朝報道ステーション〜民放各局。 ニュースのみ見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:40
-, -, - -
激闘4時間、早稲田実業春季都大会を制す!

4月27日(木)

 

朝、9時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度のうっすら寒い曇天下、歩いて駅。 直行快速電車で、11時半に神保町。 

 

娘の応援を得て、月末の支払いと、会計処理。 今朝の毎日新聞に、弓立社の『おひとりさまで逝こう』の広告が載ったこともあり、今日一日で、10数件の注文電話で忙しい。 

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 午睡30分。

 

今村復興大臣の、失言による辞任問題について、各メディアが大きく取り上げている。 共謀罪成立に時間が足りないという意見に対し、会期延長策動がすでに水面下で行われている。 何が何でも、稀代の悪法・共謀罪成立をゴリ押しする安倍政権。 自民党内の反対意見も押さえつけられている。

 

弓立社の小俣社長が見えられ、 新刊の売れ行き報告と、6月に発売予定の次回作の打ち合わせ。 体がだるく風邪気味なので、今日は無理をしないで早めに帰ることにする。

 

6時半に事務所を、退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 5割引きの刺身5点盛りと里芋のイカ煮で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 アメリカによる北朝鮮軍事制裁の現実性について、時間を割く。 日露首脳会談。 最も気になったのは、神宮球場で行われている、早稲田実業対日大三高による春季都大会決勝戦。 

 

18時開始で、お互い17点を取り、延長戦でまだ闘っているという。 注目の清宮は、2連続となる、9回裏同点のスリーラン。  クローズアップ現代。 スノーデン激白。 プライバシーの、崩壊。 

 

テレ朝、報道ステーション。 早稲田の、12回裏サヨナラ勝ちを知る。 なんと18対17。 4時間を超える激闘。 TBS、ニュース23は、冒頭から早実対日大三高の熱闘を称える。

 

フジ、ユアタイムで、最後に熱闘を見て、12時過ぎに就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:37
-, -, - -
氷上のビーナス・浅田真央

4月12日(水)

 

朝、9時15分起床。 寝過ごす。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、爽やかな、気温17度の晴天下、散り急ぐ桜舞う中、急ぎ足で駅。 快速電車〜準特急〜区間急行と乗り継いで、11時前に神保町。 

 

娘の応援を得て、請求書の作成と会計実務。 サンスポは、浅田真央選手現役引退ニュースに、思いっきり紙面を割いている。 11時20分からの、引退記者会見は、NHKをはじめ民放各社も生放送。 浅田選手の明るい表情に救われる。 

 

一方、水面下で「森友学園」疑獄事件の幕引きを謀り、「共謀罪」成立に向け、粛々と蠢いている輩がいること忘れてはならない。

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 午睡していたら、昨日注文したチェアが、異常に大きな段ボール箱に入って届く。 

 

フタを開けてびっくり。 パーツと説明書があり、自力で組み立てる仕様だった。 安いとは思ったが後の祭りで、1時間半かけて、何とか組み立てを終える。 坐り心地はなかなかで、170度のリクライニングのおかげで、午睡時間が伸びそう。 

 

ロシアで話題を呼んだ、翻訳本の持ち込み原稿読みを再開。 ロシアの、今現在の社会生活の現状なども巧みに描かれており、興味深いのだが、翻訳権を取って出版して、採算がとれるのかというと、絶望的になる。

 

翻訳原稿を、6時半まで読んで、本日打ち止め。 7時に事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。

 

フジの、浅田真央選手の特番を見ながら、5割引きの、結構いけた4点盛りの刺身と、量は少ないがプリプリのホタルイカ+自家製ぶりの照り焼きで、梅干し入り入り焼酎の、お湯割り二杯の、夕食。

 

NHK,ニュースウォッチ9。 浅田選手の引退とロシアとアメリカの、外務・国務大臣会談。 シリア政府軍基地に対するミサイル攻撃は、国際法違反。 北朝鮮も射程に入っている。 

 

民放各社の、氷上のビーナス・浅田真央選手引退関連ニュース+皐月賞の水曜日調教を診断して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:59
-, -, - -
J1・サガン・鳥栖は即刻DHCとのスポンサー契約を解除すべき

2月8日(水)

 

朝、9時起床。 眠たい! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温7度の晴天下、歩いて駅。 直行快速電車で、11時に神保町。

 

相変わらず、『最新 差別語・不快語』の動きが良い。 「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダとわかめ蕎麦で、三日連続同じメニューの、昼食。 午睡30分。

 

大手広告代理店の担当者がやってきて、新しい若い女性の担当者を紹介される。 人事異動で、春が近いことを知る。

 

今日の、朝日新聞朝刊「声」欄に、「J1スポンサーが差別発言とは」という投書が載っている。 あの差別とデマ放送、MXテレビの「ニュース女子」などの、制作元で大口スポンサーでもある、DHC会長の差別発言を問題にしている。 

 

自社のホームページで「似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう」などと、在日コリアンに対して、露骨なヘイトスピーチをしている。 法務省が、作ったガイドラインの例、そのもの。

 

このDHCが、J1サガン鳥栖のユニホームスポンサーだという。 あらゆる差別に反対する、サッカースポーツの理念と精神に反している。 即刻契約解除し追放すべき。

 

超古代、時代小説の第二章を読み終えて、6時半に事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。

 

5割引きの、刺身の盛り合わせ、惣菜三点セットをつまみに、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝報道ステーションを聞きながら、『週刊新潮』『週刊現代』を読んで、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:06
-, -, - -
サッカー日本×サウジアラビア戦

11月15日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、生暖かい、気温16度の曇天下、徒歩で駅。 ジャンパーでは、さすがに暑すぎる陽気。 直行快速で、11時に神保町。

 

あれこれ雑用を済ませ、「べっぴんさん」昼の部を見ながら、ポテトサラダと武州煮ほうとううどん+おにぎり一個で、昼食。  午睡30分。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 先週は、エニグマ解読馬券が一つ的中したものの、予想に反し1着だったため、それほどの配当にはならなかった。 小一時間話をして、資料などをコピーさせてもらう。

 

必要があって、解放新聞広島県版を2年遡り、ピンポイントで記事を探すも見つからず。 辛淑玉さん、師岡康子さんが、広島の人権講演で、ヘイトスピーチの危険性を訴えている記事が目に留まり、読み返す。 今年12月11日に行われる、世界人権宣言68周年記念広島集会の講演は、香山リカさん。

 

新聞記事にはなかったので、後は小森龍邦御大の書籍しか思いつかない。 事務所にある10点近い著作を読み飛ばし、『解放運動の再生』(明石書店)にやっと探していた記述を見つける。 

 

その個所は、日清製粉の正田巌氏(美智子皇后の兄)の妻・淑さん(元内閣総理大臣・濱口雄幸の孫娘)にまつわる、ある事件。午後のほとんどの時間を割いた甲斐があった。 

 

6時半に事務所を、退出。 直行区間急行で、駅。 歩いて、焼き鳥6種×2本を買い求め、8時過ぎに帰宅。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」を録画して、サッカーワールドカップ予選、日本×サウジアラビア戦。 

 

IS(「イスラム国」)を陰で、資金援助し、イエメンを空爆する、醜悪なイスラム教・スンニ派国家・サウジアラビア打倒に燃える。 スポーツに、政治を持ち込んではならないのは、わかっている。 辛勝だったが、2対1で勝利。 

 

焼き鳥に百切りキャベツを添えて、梅干し焼酎のお湯割り一杯と、民族派の若衆に戴いた、群馬の吟醸焼酎“城下町のナポレオン”のロック二杯で、夕食。

 

テレ朝、報道ステーション他、民放各社のニュース&スポーツ、主にサッカーを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:27
-, -, - -
日本ハム、パ・リーグ優勝

9月28日(水)

 

朝、9時起床。 風邪を退治して熟睡し、体調良好。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、すでに28度(午後には32度の予報)の晴天下、徒歩で駅。 快速〜準特急〜区間急行の、弱冷房車で、11時前に神保町。

 

新刊注文は、相変わらずぼちぼち。 「とと姉ちゃん」、昼の部を見ながら、キノコサラダと掻き揚げ天婦羅蕎麦で、昼食。 

 

香山リカさんが、昨日の大阪地裁のヘイト判決に触れ、「在特会敗訴の裁判からなにを学ぶべきか」と題して、公式ブログを更新している。 優しく温かい知的な言葉で、判決の意義に触れている。

 

李信恵(り・シネ)さんに対する、「朝鮮人ババア」などの暴言は、ネット上であっても、個人的な名誉棄損ではなく、日本に住む韓国・朝鮮人全体を侮辱する人種差別、と大阪地裁は判断した。 香山さんがアップした時刻は、今日(28日)の午前1時。 どうりで、昨夜の鈴木宗男先生の会では、ビールを飲まなかった。

 

近く行う、研修会のレジュメ作り。 とにかく、相模原障害者殺傷事件について、正確な情報と分析を伝えることが、一番重要だと思い、精力的に取り組む。 5時に、ラフのレジュメができたが、他の項目との兼ね合い次第では、予定より1ページ増やすことも考慮に入れて、今週中に完成させる予定。

 

5時半に、ファックスと電話、そしてパソコン機能を管理している会社の担当役員達が来て、過日の事故対応の遅さ(5時間近くシステムダウンしたままだった)について、話し合い。 提起された内容を、基本的に納得し了解する。 これ以上ことを荒立てないことを約す。 

 

6時過ぎに、事務所を退出。 直行電車で、駅。  新聞にチラシが入っていた、新装フードマーケットで、5割引きの大安売り生シラスなどを買い、雨が降り出したので、バスに乗って、8時前に帰宅。

 

近所の焼き鳥屋で、5種×2本、酒屋で焼酎を仕入れ、夕食。 生シラスとマグロの刺身に焼き鳥+自家製焼きそばで、梅干し入り焼酎。 

 

BSで、昨夜、香山リカさんも気にしていた、リーグ優勝が懸かった、日本ハム×西武戦。 1対0、日ハムの大谷投手が、1安打完封で日ハムがリーグ優勝。 香山リカさんの興奮が目に浮かぶ。 クライマックスなど止めて、広島カープと日本ハムの両・リーグ覇者で、日本一を争うべき。 

 

NHK、ニュースウオッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 今日は、大谷翔平投手の力投による、日本ハムの優勝に尽きる。 

 

「とと姉ちゃん」、夜の部〜民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:35
-, -, - -
東京ドーム

9月10日(土)

 

朝、11時起床。 眠たい! 残暑厳しき中、家のミッション・産地直産市場前の湧水、4ℓ×2個汲み、食パン半斤買って、流れの速い川面を眺め、散歩。 さほど汗はかかない。

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 食パンのみで、昼食。 天然酵母食パンは、それだけで十分旨い。

 

バス〜区間快速で、5時半に神保町。 事務所で、ペットボトルに焼酎を仕込み、コンビニでつまみを買って、広島カープ胴上げ阻止闘争。 

 

すでに東京ドーム周辺には赤いシャツを着て、興奮したカープファンで溢れかえっているている。  今日広島カープが巨人に勝てば、セリーグ優勝だが、今ジャイアンツは“メイクドラマ”を驀進中。 

 

広島カープファンの“兄弟”たちには申し訳ないが、明日の胴上げも無理と諦めるべし、と思い球場に入ると、ここは、広島市民球場かとまがうばかりの、圧倒的な(三分の二近い)カープファンで、ネット裏まで、埋め尽くされていて、超満員。

 

試合は逆転で、広島カープが勝利し、25年ぶりのリーグ優勝。 先発投手、男気・黒田の胴上げには、さすがに小さな涙。 それにしても、カープファンの熱気と興奮は尋常ではない。 試合は、本来なら巨人の楽勝だったのだが、カープファンの異常な血走った応援に、アウェー的、紳士の巨人軍はひるんだのだと思う。

 

帰りの電車も、95%赤シャツ・カープファン。 敢然とオレンジのジャイアンツタオルを肩に掛けるも、一顧だにされず無視! 傷ついて、鈍行〜特急で、駅。 

 

「とと姉ちゃん」、最後の3分を見て、吉田拓郎。 ほろ酔い気分で、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:55
-, -, - -