RSS | ATOM | SEARCH
72年目・沖縄慰霊の日

6月23日(金)

 

朝、8時起床。 「ひょっこ」、朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、9時過ぎの段階で、すでに気温が27度ある夏空の下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。

 

迷惑メールが一括処理でき、気分が良い。 11時に、神保町クリニック3Fの、皮膚科。 40分待って、診察2分。 美人の先生なので、文句はない。 完治したので薬なし。 12時前に事務所に戻る。  

 

取り次ぎに、見本を持って行き、希望部数を伝えて帰ってきた娘から、担当者の反応を聞くと、手応えありとのこと。 さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

今日は、72年目の沖縄慰霊の日。 NHKで、沖縄全戦没者追悼式。 翁長知事の、哀悼と気合の入ったスピーチ。 そして、女子高校生が力強く、自作の詩「誓い〜私達のおばあに寄せて」を朗読。 安倍の挨拶はいらない。 3分遅れの「ひょっこ」、昼の部。

 

印刷所が、シミがあった本のカバーを取り換えて持ってくる。 これで、第一次献本作業が終了。 後は、29日に、新刊300冊が届くので、出版社からのマスコミ書評依頼分を発送して、第二次献本作業が終わる予定。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、「加計学園」疑惑について。 NHKの「クローズアップ現代」が暴露した、文科省の内部公文書、萩生田官房副長官の爐言葉”。 競馬の話はほとんどなく、後は都議選の話。 

 

北区で、突如民進党の前都議(73歳)が出馬表明したという。 前回4から定数が一つ減らされて、3になったにも関わらずなぜ出てきたのか、摩訶不思議。 多分共産党の現職を落とすために、自民党筋の誰かがたくらんだのではないかと、馬友は見立てている。 すでに、水面下で謀略が始まっている。

 

4時から、文科省前事務次官・前川喜平氏の、記者クラブ会見を見るも、冒頭だけで、後は海老蔵の涙の会見。  6時半に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。  

 

3割引きの刺身の盛り合わせと、5割引きのインドマグロの板+自家製豚肉入り野菜炒めで、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。

 

 BS、NHKで、日本陸上選手権。 男子100m準決勝。 ケンブリッジ・飛鳥、桐生祥秀、山縣亮太、多田修平、そして、予選・準決と最高タイムを出し、絶好調の、18歳・サニブラウン・ハキーム。 見応えがある。 明日決勝で、9秒台がみられるかも。

 

NHK,ニュースウォッチ9。 トップニュースは、がんと闘い続けた小林麻央さんの死去。 トップではなく、番組中盤で時間を取って報道しても良かったのではと思う。 

 

テレ朝、報道ステーション。 トップは、NHKと同じ。 しかし、前川氏から批判されていたNHKが一切無視した、前川前文科省事務次官の会見をキチンと報道。 そして、沖縄慰霊の日。 高江での、大阪府警機動隊員による、“土人”発言も含め、沖縄差別の現状を力を入れて報道。

 

民放各社の、遅いニュースをはしごして見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 12:04
-, -, - -
異常な、安倍・反知性主義政権

6月16日(金)

 

朝、8時半起床。 熟睡! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温24度の晴天下、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時半過ぎに、神保町。

 

今月末刊行の、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)の事前注文と一括注文などの仕分け。 著者からも、山形や福島で仕事があるので、販売促進でマスコミなどを回りたいとの、有り難いメールが届く。  週明け19日(月)に、書店注文のすべてが出そろう予定。

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 引き続き、参議院予算委員会で、「加計学園」疑惑の、集中審議。 

 

安倍首相出席のもとに、真相解明が行われたが、ごまかしと居直りに終始。 共産党の小池議員の舌鋒鋭い追及には、関係ない答弁を繰り返し、反知性主義的安倍政権の醜態を晒す。

 

途中、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、二人で国会中継を観戦。 馬友の怒りも相当なもの。 競馬の話はあまりできず、4時過ぎにWIN5の健闘を約し、事務所を辞す。

 

沖縄の、反基地闘争のリーダー、山城博治さんが、ジュネーブで開かれている、国連の人権委員会で、日本政府の、沖縄に対する差別と弾圧を訴える。 自身の、微罪による5ヵ月間にもわたる長期不当勾留にも強く抗議するが、日本政府代表は、法に基づいた正当な行為と臆面もなく述べる。 

 

共謀罪についても、国連の特別報告者による監視強化により人権侵害が進む恐れがあるとの指摘に対し、日本政府は一切無視している。 すでに国際的なレベルで、安倍政権のファッショ的独裁化は憂慮されている。

 

7時に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 BS日テレで、巨人vsロッテ戦。 マイコラスとマギーの投打にわたる外国人選手の活躍で、楽勝。

 

豚足、カツオの刺身と、イマイチの本マグロの刺身に、自家製鶏肉と胡瓜の胡麻和えで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 今更ながらに、「加計学園」疑惑の、参議院集中審議をトップニュースで取り上げるも、評論に値せず。

 

NHK、LIFE特別編。 何とも言えない面白さ。 秋からの、吉本興業創業者を描いた、連続テレビ小説、「わろてんか」の、ヒロインが今までになかった、雰囲気を醸し出している。

 

民放各社の、遅いニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:57
-, -, - -
異常な、共謀罪強行採決

6月15日(木)

 

朝、8時半起床。 共謀罪強行採決を知り、気分が悪い。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、半袖で、気温22度の晴天下、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時半過ぎに、神保町。 

 

駅の階段を上っていると、元岩波書店のMさんが、階下から軽快なステップで笑顔で挨拶。 近場で編集プロダクション的な仕事をしているという。 実は、郷里は岡山で、小・中学校は違うが、結構近いところで育っており、瀬戸内に浮かぶ本島への臨海学校は、合同で一緒だった。 今住んでいるところも、近い。

 

未明の強行採決に至る経過の詳細を、有田芳生議員のツイッターなどで追う。 沖縄の、辺野古や高江で行われている、超法規的権力濫用と同じ思考で、議会制民主主義が破壊されている。  ナチスと同じく、選挙で多数を占めた後、ファッショ的独裁に向けての、多数派の暴挙。

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 NHKの昼のニュースは、淡々と共謀罪可決成立を報道するのみで、内容はおろか成立する過程の違法性についても、何一つ触れない。 

 

2020年の五輪・パラリンを開催するために必要だというのは詭弁で、本当にそうなら共謀罪がない時点で、招致できないことになる、と識者が言っていたが、まさにうそとデマで作り上げた稀代の悪法というほかない。

 

デザイナーと印刷会社の担当者が、三度集合して、来週見本が刷り上がる、新刊本の最後の打ち合わせ。  午睡1時間。 睡眠時間は多めにとっているものの、なぜか眠たい。 多分、帯状疱疹の薬の所為だろうと思う。

 

送られてきた、『週刊新潮』を読む。 安倍首相の体調不良も、今回の強行採決に繋がっていることが分かる。 五木寛之の、「生き抜くヒント」にあった、お説法。 「花が散って、実があらわれる。花が散るのが往生。散った後に実があらわれるのが成仏」。 わかりやすいが、本当は「華果同時」(けかどうじ)で、それを「現生正定聚」(げんしょうしょうじょうじゅ)ということらしい。

 

6時過ぎ、事務所前に大型ハシゴ消防車が数台、けたたましいサイレントともに現れる。 前の道路を含め周辺の道に、通行止めの黄色いテープが張られ、大騒動。 何事かと外へ出て、様子を探る。 右往左往している三十数人の、完全装備の消防士の、無線会話に、通信傍受でも盗聴でもなく、聞き耳を立てる。 事務所隣のビルの上から煙が出ているとの通報があり、密集地帯だけに敏速に初期活動を開始したということらしい。 

 

消防士は引き上げていないが、騒ぎがひと段落した、7時前に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、8時半に帰宅。 

 

BS日テレで、巨人vsソフトバンク戦。 三連勝ならずに、負け試合。  5割引きの、安価なカツオとメバチマグロの一本を切って肴に、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 自家製豚肉入り焼きそばで、夕食を締める。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 NHKは、キャスター二人が可哀そう。 テレ朝報道ステーション。 今日は、後藤謙次一人で、安倍ポチの、グロテスクな、田崎史郎よりはましというだけ。 無力感、脱力感に襲われては、“敵”の思うつぼだ。 怒りを記憶にとどめ、次の行動で示すことが大切。

 

民放各社の、ニュース&スポーツ。 野際陽子さんの短い追悼映像を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:04
-, -, - -
稀代の悪法=共謀罪(旧治安維持法)を強行採決

6月14日(水)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、気温22度の晴天下、紫陽花を眺めて、徒歩で駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

植民地文化学会に、掲載予定の原稿を、もう一度読み返し、朱入れゲラを郵送。 共謀罪が、今日の夕方から明日の未明にかけて、、参議院法務委員会の採決を省略して、参議院本会議で強行採決されるという。  

 

議会制民主主義のルールもへったくれもない、ファッショ的暴挙。 一方で「加計学園」疑惑に関わる、文部省内部文書の狡媛団敢”の結果発表はいまだにない。 変節した元ヤンキー、文科省副大臣の義家は、内部情報を漏らした職員を処分すると、恫喝。 こんな異常な政権は、今まで見たことも聞いたこともない。  民進党の、有田芳生参議院議員がツイッターで、国会内の動向を知らせてくれている。 

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個、で昼食。 印刷会社の担当者、広告代理店、そしてデザイナーが断続的に来て、新刊の打ち合わせ。 大型書店からの、一括注文も入ってくる。 請求書作成で、応援に来ている娘が、データー処理して、事前注文状況の一覧表ができる。 明日最終的な部数を決定する予定。

 

今日も、一日過ぎるのが早い。 少々疲れ気味で、6時に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 歩いて、7時半に帰宅。  近所の焼き鳥屋で、5種×2本。 柚子入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

NHK、BSで、セパ交流戦、巨人vsソフトバンク戦。 エースが投げて、主力が打てば、ソフトバンクは相手ではない。 坂本の二本の本塁打で、決着。 継投ノーヒットノーランで、浮かれている場合ではない。 しかし何故か、負けが込んでいると、応援に力が入る。

 

日テレで、「今夜くらべてみました」。 NSC出身の、横澤夏子がいじられて面白い。 NSC設立の話は、小社新刊、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』に詳しい。 著者の竹中功さんは、NSC創立を任された人。 NSC(吉本総合芸能学院)第一期生は、ダウンタウンの、松本と浜田。 入学時のエピソードも、笑える。

 

テレ朝、報道ステーション。 共謀罪の参議院強行採決で緊迫している、国会内状況をリアルタイムで報道。 緊急ゲストに、田原総一朗さん。 小気味よい安倍政権と「加計学園」「共謀罪」批判、後藤謙次の出る幕無しで、格の違いが鮮明。 テレ朝は、土壇場でメディアの矜持を示す。

 

民放各社の、ニュース。 TBS、ニュース23。 緊迫度を増す国会情勢を、キチンと報道。 フジ、ユアタイムで市川紗椰を見て、12時半に就寝。 

 

朝、夜半に共謀罪が参議院本会議で強行採決され、「可決成立」したことを知る。 怒!

author:小林 健治, category:政治, 09:14
-, -, - -
「ファシズムの初期症状」にすべて当てはまる、安倍政権

6月12日(月)

 

朝、9時起床。 熟睡! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の晴天下、歩いて駅。 通り道に面し、『沈黙』のキアラ司祭の墓碑がある、カソリック教会の紫陽花が、美しい姿を見せている。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。 

 

鞄を置いて、神保町クリニック。 先週の内視鏡検査の結果を、画面を見ながら詳細に説明を受ける。 食道上部の、赤いただれは、多分ウィスキーのロックを、寝る前に飲んでいた事が原因と思う。 念のため、秋口に再度内視鏡検査をすることになる。

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 デザイナーと印刷会社の担当者が来て打ち合わせ。 明日2時、本当に最後の確認作業することになる。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 出たばかりの、競馬雑誌の資料をコピーさせてもらう。 馬友・Kさん、20万馬券は連続して的中しないという、ジンクスに縛られて、50万馬券を予想していたにもかかわらず、購入しなかったことを猛省していた。 

 

競馬に、非科学的なジンクスや迷信、占いの類を持ち込んではならない。 競馬は、血統を中心に、走破タイムと着順など、客観的データーを科学的に分析し、最後に少しだけ第六感を働かせ、結論を導き出す、知的スポーツなのだ。

 

1000通を超える、英文迷惑メールの削除に時間を割かれ、腹立たしい。 メールのチェックと、ツイッター、フェイスブックを確認していると、夕方五時の鐘が鳴る。 一日が異常に早い。

 

面白い記事を見つけた。 「ファシズムの初期症状)(ローレンス・ブリット) 〇 強情なナショナリズム 〇 人権の軽視 〇 団結のための敵国つくり 〇 軍事の優先 〇 性差別の横行 〇 マスメディアのコントロール 〇 国家の治安に対する執着 〇宗教と政治の癒着 〇 企業の保護 〇 労働者の抑圧 〇 学問と芸術の軽視 〇 犯罪の厳罰化への執着 〇 身びいきの横行と腐敗 〇 不正な選挙     

 

すべてに当てはまる、安倍政権。 同じような内容の標語は、アメリカのホロコースト記念博物館にも掲示されているという。 しかし、面白がり笑っている場合ではない。 安倍政権打倒は、反ファシズム闘争だ。

 

6時半に、事務所を退出。 直行快速電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 「鶴瓶の家族に乾杯」を、中盤から見る。 訪問場所は、静岡市葵区で、ゲストは、「おんな城主 直虎」で、悪役を引き受けている、高橋一生。 偶然出会った、体育授業中の女子高生20人の反応が、鶴瓶と一生で一緒だったが、引率の若い女性教師の対応の違いに、爆笑!

 

5割引きの刺身の盛り合わせと、豚肉を焼き千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 スパゲッティ―ミートソースで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 明日共謀罪が強行採決されるかもしれないというのに、上野で生まれたパンダの話題がトップニュースで、その後も一切共謀罪には触れず。 強行採決された後に取り上げる思惑が見え見え。 「加計学園」問題での世論調査。 質問事項そのものに強烈な政治的“忖度”が働いており、意味がない、というより犯罪的。

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭から、共謀罪と「加計学園」疑惑。 NHK、の報道姿勢に、明日の強行採決が見える。 偶然、東京MXテレビの、ニュース女子を見る。 ヘイト豚・須田慎一郎には、間違いなく天誅が下るだろう。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:33
-, -, - -
断末魔に喘ぐ、安倍政権

6月11日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に寝具干し。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 共謀罪や「加計学園」で、いくら批判しても、反知性主義の安倍政権には暖簾に腕押しで、効き目がない。 株価と内閣支持率を、政策の正当性の基準にしている、非民主的安倍政権にとって、支持率低下は決定的だ。 

 

「森友学園」「加計学園」、そして、共謀罪の危険性が広く論議されることによって、確実に安倍政権は動揺している。 文科省の、「再調査」ではない、「追加調査」に期待はできないが、追い込んでいることは確かだ。 野党というより、菅官房長官を追及した、女性記者のジャーナリストとしての矜持による。 断末魔に喘ぐ安倍政権に止めの一撃を!

 

産地直産市場前の、湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 有機米と新鮮野菜を大量買い。 魚影は見えないが、水位の下がった川で、親子連れが小魚と水中生物の採取。  酵母パンに、バターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

サンスポが、陸上男子100mで、追い風参考ながら9秒94を出した、関学の20歳・多田修平選手のことを、一面トップで大きく報じている。 間違いなく、年内のシーズン中に、ケンブリッジ、桐生、山縣、そして、多田の誰かが、9秒台を出すことは間違いない。 不振の中・長距離陣に比して、短距離のアスリートの層は厚い。

 

中央競馬。 単勝1〜2倍台の一番人気馬が、平気で馬券対象から外れる、大波乱続き。 WIN5も、3勝2敗だが、惜敗。 いいとこなしのマイナス収支で、終了。 ふて寝1時間。

 

気を取り直して、筋力トレーニングとストレッチ、1時間。 大汗を、風呂で流し気分転換して、スッキリ。 茄子の水煮と鶏肉と胡瓜の胡麻和えで、柚子入り焼酎の水割り二杯。 味は今一つだったが、自家製変形大阪風お好み焼きで、夕食を締める。

 

NHKで、「おんな城主 直虎」。 本当に、時代劇と思ったら大間違いで、柴咲コウの個性を生かした、背景が戦国時代のテレビドラマなので、文句を言ってはいけない! 

 

巨人が昨日に引き続きまた負けたことを知る。 敗者復活戦的、クライマックス戦を目指して、とにかく頑張れとエール。 NHKで、サンデースポーツ。 巨人が負けた試合をじっくり見て、フジ、Mr、サンデー。 「加計学園」疑惑を取り上げるも、イマイチ。 

 

日テレ、「ガキの使い」で笑って、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:27
-, -, - -
ロンドンのテロと、サイクス・ピコ協定

6月4日(日)

 

朝、8時起床。 太陽エネルギーを受けた寝具のおかげで、快眠。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。

 

TBSで、サンデーモーニング。 共謀罪、「加計学園」疑惑など、異常な安倍政権批判を、正面切って行い、高い視聴率を獲得している、稀有な番組。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で、トマト、レタス、キャベツ、その他もろもろの有機農法野菜を買い、川縁を腕の筋トレをしながら散歩。 

 

バーベキューの家族数組と、浅瀬で小魚を追う子供たち。 大型鯉は、十数匹ずつ軍団を形成し、泰然として動かず。

 

酵母パンを焼き、バターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 中央競馬、G機Π妥諜念。 期待した香港馬は、二頭とも大幅馬体減で、力を発揮できず。 勝ったのは、馬体520Kgのサトノアラジン。 複勝で頑張るも、マイナス収支で終了。 

 

筋力トレーニングとストレッチ、1時間。 大汗を風呂で流して、極楽! 巨人の10連敗を知る。 “メイクドラマ”どころの話ではない。 

 

自家製酢豚と冷やし中華で、柚子入り焼酎の水割り二杯で、夕食。 日テレ、真相報道“バンキシャ”。 新大関・高安が生出演。 フィリピン人のお母さんのふるさと、セブ島近くに住むおばあさんが、ベットから仕送りをしてくれる孝行孫に、笑顔。  卓球男子で、頑張っている13歳の張本選手も両親は、中国人と言われている。 多文化共生と多元主義は、まずはスポーツ界から実現している。 

 

NHK、ニュース7。 イギリス・ロンドンで再びテロ事件。 イスラム教の原理主義者によるテロが、フランスとイギリスに集中しているのは、間違いなく、第一次世界大戦終結前の1916年、イギリス・フランス・ロシアによって秘密裏に結ばれた、サイクス・ピコ協定による、オスマントルコ帝国の領土分割にある。 

 

イスラム原理主義の名のもとに、オスマン帝国の再生と普遍化を目指すIS(イスラム国)も、自己正当化の論理は持っている。しかし、目的のために手段を選ばない行動は、どんな理屈を述べても許されるものではない。

 

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 柴咲コウを見るだけで、満足。 引き続き、NHKで、“子供の未来”子供の貧困と貧困な年金。 

 

サタデースポーツを見て、明日胃カメラ検査のため、早め11時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:29
-, -, - -
進退窮まった安倍政権

5月31日(水)

 

朝、8時半起床。 どうも起きてから始動するまでに、時間がかかる。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温27度の薄曇りの下、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

パソコンを開く。  昨日の6時半から、今日の10時半までの約半日で、英文の迷惑メール数が200を超え、異常事態が続いている。 「ひょっこ」、昼の部を見ながら、ごぼ天入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 サンスポが、「インディ500」で、日本人として初めて優勝した佐藤琢磨氏に対し、「戦没将兵追悼記念日(29日)の週末に日本選手がインディ500に勝利するのは実に気分が悪い」とツイッターでつぶやいた、アメリカのデンバー・ポストの記者が即刻解雇されたことを、大きく報じている。 トランプ政権下でも、アメリカのメディアは矜持を保っている。

 

2時に、広告代理店の新しい担当者が見えられる。 最近の広告値段と新聞の将来について、意見交換。 厳しい実態を聞く。 弓立社の、著者献本用新刊、『検証/「若き哲学徒」死の真実』、段ボール一箱梱包して発送。 

 

3時過ぎに、元小学館の役員Hさんが、『最新 差別語不快語』を買いに来られ、しばし歓談。 反差別運動の現状に、危機感を募らせていたと同時に、極反動安倍政権批判で意見が一致。

 

「森友学園」・「加計学園」疑惑、「共謀罪」、そして、安倍ポチで、レイプ犯の元TBS記者・山口啓之の準強姦罪をもみ消したのは、警視庁の中村格刑事部長(元菅官房長官秘書官)。 安倍政権の、進退が窮まったといってよい。 

 

安倍の国会での答弁を聞いていると、スリで捕まった容疑者が、「私は関与していません、私の手が勝手に忖度して、財布を盗んだだけです」。 落語ではないが、こういうことだろう。 こんな答弁を続けるなら、野党は国会審議をボイコットしてでも、徹底抗戦あるのみ。

 

テレビ朝日の、知人が亡くなったことを知る。 30年近く前からの知り合いだが、エピソードは酒の上での記憶しかない。 溜まったコミック雑誌を読んで、7時に事務所を退出。 

 

直行電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 日テレ、「今夜くらべて見ました」を見ながら、夕食。 5割引きの刺身が売り切れで、仕方なく定価で買った、マグロの切り身落しと生シラス+自家製鶏のから揚げで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 スパゲッティ―ポモドーロで締める。

 

テレ朝、報道ステーション。 80人余が犠牲になった、アフガニスタンの自爆テロ。 オサマビン・ラディンを暗殺しても、事態は何も変わらない。 日本だけでなく、世界が隘路に陥っている。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:20
-, -, - -
衆議院法務委員会で、“共謀罪”強行採決の暴挙

5月19日(金)

 

朝、9時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

朱を入れ削減した原稿を前に、著者からの短くしてもらった爐わりに”が送信されてくる。 しかし、まだページ数が多く削減が必要とのこと。 もう一度、第三回目の朱入れ削減作業に取り組むことになる。 

 

衆議院で、共謀罪が強行採決されたと、ヤフーニュースが伝えている。 ろくに審議もせずに、数の力を背景に結論ありきの暴挙に、怒り心頭に発す! 「森友学園」「加計学園」疑獄事件、国有地払い下げに、現職総理が関与したことが明白になっても、一切責任を取らず、官僚は知らぬ存ぜぬの能面答弁。 そして、挙句の果てに、「加計学園」に関する文科省の内部文章の存在は確認できなかったと発表。 言い古された言葉だが、「権力は腐敗する、絶対権力は絶対的に腐敗する」。

 

段ボール一箱梱包して発送し、気分を入れ替えて、第三回目の原稿校正に取り掛かる。 6時半まで行って、本日打ち止め。 

 

7時に事務所を、退出。 直行電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。 5割引きの、刺身5点盛りと、ホタルイカ+梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

衆議院法務委員会のテレビ中継もしなかった、NHK、ニュースウォッチ9。 キャスターに責任はないが、国営放送の体質は、籾井体制時とさほど変わっていない。

 

テレ朝、報道ステーション。 共謀罪強行採決の危険性をきちっと報道。 今日は金曜日で後藤謙次がいないから、まとも。 ゲストの磯田道史氏が、テンション高く共謀罪を徹底批判。 誇れる岡山県人。 

 

TBSで、鶴瓶のAスタジオ。 ゲストは、リリーフランキー。 体調を心配するほどの、あまりの痩せすぎに驚く。  遅い民放各社のニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:01
-, -, - -
政治的不安定性の増大

5月17日

 

(水) 昼12時半起床。 超爆睡! 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、曇天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、2時に神保町。

 

胸ポケットに入っていた名刺を見て、新宿ゴールデン街に行ったこと確認。 しかし、濃いメンバーと遭遇したことが伺われる。 大盛りのウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、遅い昼食。 

 

朝日新聞が、一面で大きく「加計学園」疑惑に、安倍首相が関与した事実を突きつけている。 毎日新聞も夕刊で追い打ち。 これで安倍政権は崩壊するか、無茶苦茶解散をやる、暴挙の可能性もある。

 

気合を入れ直して、原稿の朱入れ校正。 7時までぶっ通しで、5章まで終え、残り十数枚残して、本日打ち止め。

 

8時に、事務所を退出。 直行電車で駅。 閉店間際のフードマーケットで買い物をして、バスに乗り、9時に帰宅。刺身の盛り合わせとにぎり寿司などで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 日テレ、「今夜くらべてみました」。 指原の存在がキーポイント。

 

テレ朝、報道ステーション。 「加計学園」疑惑を徹底報道。 邪魔をしているのは、後藤謙次。 安倍後を見据え、麻生太郎に媚を売る醜態。 辞めさせるべき。 

 

アメリカのトランプも、FBIの反撃にあい窮地に陥っている。 国内外で政治的不安定性が増大している。 民放各局のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:03
-, -, - -